【謹賀新年】フィリピンに伝わる伝統文化 18選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィリピンには新年を迎えるための様々な伝統文化があります。フィリピンに行く前に読んでおくと、フィリピン文化を楽しめるかもしれません。

今回ご紹介するのは新年の決まりごと。フィリピンに長く伝わる神聖なもので、おじいちゃん、おばあちゃんの時代から受け継がれてきた文化です。早速、18個の伝統文化を見ていきましょう。

1.13種類の丸い形の果物を用意する

果物の写真

フィリピンでは、新年が家族にとって素晴らしい年になるように「繁栄」の願いを込めて、13種類の丸い果物を飾ります。

2.窓辺にコインを置く

コインの写真

幸運と財産を招くという願いを込めて、敷地の窓辺にコインを置く文化があります。

3.鶏肉を食べない

フィリピンでは新年に鶏肉を食べると、その年は金銭的なトラブルに見舞われると言われています。普段は鶏肉をよく食べるフィリピン人ですが、新年には鶏肉を食べません。

4.ポケットや小銭入れにお金をたっぷり入れる

財布の写真

フィリピンでは、ポケットや小銭入れにコインをたっぷり入れておくと、その年に多くのお金が入ってくると言われています。

5、12時を迎えたと同時にジャンプ!

フィリピンの子供たちの写真

新年の最初の一歩。12時の鐘がなると同時に一斉にジャンプする文化があります。飛躍の年になるようにという願いが込められているのかもしれません。

6.家にある全てのライトをつける

新年を明るく迎えるために、家にあるライトをすべて「オン」にします。

7.クラッカーを鳴らす

ファイヤークラッカー

フィリピンではお祭りでもクラッカーを鳴らす文化があります。新年のクラッカーは、ネガティブなことを新年に持ち越さないためのお祓い行事。嫌な出来事は今年のうちに忘れてしまいましょう。

8.粘り気の強いキャンディを食べる

フィリピンのキャンディ

フィリピンでは、ビコ、ティコイ、ブドブドなど粘り気の強いお菓子を食べると、家族との絆がより一層強くなると言われています。粘り気が強ければ強いほうが良いとされています。

9.窓、ドア、タンスをすべて開ける

新しい年への「繁栄」と「幸運」を願う行いごとです。家のすべての窓、ドア、タンスを開けてプラスの気をどんどん招き入れます。

10.「音」を出す

フィリピンの子供

フィリピンの新年ではドラムやスピーカーを使って、とにかく音を出しましょう。「うるさい!」だなんて、誰も言わないのでご安心を。ポットでも冷蔵庫でも何でもたたいて、ガンガン音を出します。

11.赤の服と水玉の服を着る

フィリピンの子供

赤色の洋服や水玉の洋服を着ると、その年は良い出来事が次々と起こると言われています。赤色の水玉の服を着れば、さらに運気は倍増です。

12.お金を使わない

新年にお金を使うと、その年はお金が残らないと言われています。フィリピンで年明けを迎える時は、たとえ少額でも出費を避けましょう。

13.収納棚を缶詰などでいっぱいにする

フィリピンの缶詰

フィリピンでは年越しを迎える時、収納棚やパントリーを食べ物の缶詰でいっぱいにし、その年の豊作を祈ります。

14.麺類やパンシットを食べる

フィリピンの麺類

フィリピンでは年越しを迎える時、ヌードルなどの麺類やパンシットを食べ、その年の健康と長寿を祈ります。

15.米や砂糖などの入れ物をいっぱいにする

米・砂糖・水などが入っている箱、タッパー、入れ物などの中身をいっぱいにすると、その年はモノに困らないと言われています。

16.スイーツを作って食べる

フィリピンのスイーツ

フィリピンの新年には、市販品ではなく自宅でスイーツを作って食べる文化があります。心配事やトラブル、ネガティブな感情がやってこないと言われています。

17.洗濯をしない

洗濯物の写真

フィリピンでは新年に洗濯や掃除を行わないようにしましょう。幸運が流れてしまったり、外へ掃き出されると言われています。

18.お金を貸さない

財布の写真

フィリピンでは新年にお金を貸すと、その年に入ってくるお金が少なくなると言われています。新年にお金を借りようとする人もおらず、貸そうとする人もいません。

フィリピンの新年にまつわる伝統文化、いかがでしたでしょうか。留学などでフィリピンで年越しを迎える方は参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

セブ留学のお悩みを解決!

LINEバナー

セブ島留学センターに相談 >