海外の大学進学前にフィリピン留学がいい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
欧米留学の風景

アメリカやイギリスの大学に進学する方、留学前はどのような準備をしているでしょうか?海外の大学に進学する前にフィリピンで「TOEFL」や「IELTS」の点数を取ってからアメリカなどに進学する人が実は多いです。今回は海外の大学進学前にフィリピン留学をおすすめする理由をお伝えします。

もくじ

海外の大学進学前にフィリピン留学するのが良い理由

欧米留学のイメージ

海外の大学進学前にフィリピン留学をすすめる理由は「基礎英語力」と「英語の免疫」をつけることができるからです。

基本的にアメリカの大学に進学するにはTOEFL、イギリスの大学はIELTSが必要になります。TOEFL、IELTSの難易度は高く、大学が指定するスコアを自力で取るには時間がかかるのが現状です。

そのため、最近はフィリピンでTOEFLやIELTSを「マンツーマン」で勉強し、短時間で目標スコアを取得、その後アメリカやイギリスの大学に進学する学生が増えています。私も以前、セブ島の語学学校でTOEFLを勉強し、アメリカの大学に進学した一人です。

フィリピンでのTOEFLやIELTSの勉強はもちろんですが、それ以外にもフィリピンへ留学をするメリットが二つあります。

フィリピンで基礎的な英語を習得できる

本の写真

ここでお伝えしたいことは、アメリカのESL(第二外国語としての英語)から勉強を始めるのは時間と費用がかかるということ。またフィリピン留学は、効率よく学習でき、短時間で英語習得を目指せるということです。

理由はフィリピン留学特有の「マンツーマン授業」です。アメリカでは大学に付属の語学学校がありますが、マンツーマン授業はありません。すべてグループ授業です。グループ授業のメリットは、授業スタイルが大学の講義に近いので、より実践的な(英語を使った)授業に慣れることができる点です。ただデメリットは、先生が一人の学生に時間を割くことができないため、英語が話せない初心者の方には効率が悪い点です。

留学したての日本人のほとんどは英会話ができません。グループ授業は会話の時間が少ないため、会話力を伸ばすという点で効率が悪いのです。また、アメリカやイギリスに留学すると、ネイティブの友達や近所の人が、正しい文法で話してくれるとは限りません。

一方、フィリピン留学では、マンツーマンの先生が付きっきりで、正しい文法の英語を教えてくれます。会話の時間も長いため、短時間で会話力の伸びが期待できます。

またフィリピンに留学すると、その後、効率よくアメリカやイギリスの大学で勉強できます。アメリカの大学の場合、TOEFLとは別に英語や数学のレベル分けテストがあります。そこで低い点を取ってしまうとESL(第二外国語としての英語)から始めなければいけない落とし穴があります。(ESLが終了したら、English 1、2、3と進むのが一般的)

学校にもよりますが、ESLのクラスは3~5段階あります。レベル5までいかなければ卒業単位として認められない、または、ESLレベル5まで進まないと、ネイティブの学生が一番最初に取るEnglish1を受講できないこともあります。次のレベルに上がるには、最短でも1セメスターの時間が必要になるため、仮にESL1からスタートすると、その時点で卒業が遅くなってしまい、余分な学費もかかります。

大学のESLから英語を始めるよりも、フィリピンの語学学校でESLを学び、その後アメリカやイギリスに留学した方が、お金も時間も有効に使える、ということになるのです。

フィリピン留学で英語の免疫をつける

留学生たち

ここでお伝えしたいことは、フィリピンで学ぶ英語はフィリピン英語だということ。そして、その英語はどこへ行っても通用するということです。

自分の和製英語がネイティブの人に伝わらない、というのはよくある話です。基本的にフィリピンで身につけた英語、フィリピン人によって教えられた発音はどこへ行っても通用します。フィリピン人講師の発音は、分かりやすく、英語初心者の方でも真似しやすいのが特徴です。易しい英語に慣れるという意味でも、フィリピン留学は絶好のスピーキングの練習場所です。

一方でリスニングについては、アメリカ英語とフィリピン英語では全く異なります。フィリピンでは聞き取れていたけど、アメリカに行ったら聞き取れない、というのはよくあることです。ただそれは、東京の人が関西弁を理解するのと同じ感覚です。1ヶ月ほど日常生活をしていれば、その地域の英語の言い回しや訛りにも慣れてきます。

フィリピン英語にはフィリピンらしさはあるものの、例えば、インド英語のように極端な発音の違いはありません。欧米圏に行った後も、しばらくするとネイティブ英語に順応することができます。このようにフィリピン留学は、英語の基礎を学ぶには、費用面、効率面、実践面に優れた留学先なのです。

まとめ

私もフィリピン留学で英語を学び、その後、アメリカのカレッジに進学しました。今ではあの時、フィリピン留学をしていて本当に良かったと思っています。アメリカ滞在を始めた最初の頃、アメリカの英語には少し苦戦しましたが、フィリピン仕込みの英語で、銀行口座の開設や物件探しを一人でこなし、生活面での言語の壁は比較的簡単に乗り越えることができました。言語の壁を乗り越えられると、友達を作るのも早く、好調なスタートダッシュをきることができます。私の場合、フィリピン留学のおかげでアメリカ生活のスタートはかなり好調でした。

アメリカやイギリスの大学に進学予定の方は、より良いスタート切るため、また費用を抑えながら、効率的に英語を身に付けるためにも、フィリピン留学はとてもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る