申込約款

第一条 総則
第五条に定める留学サポートを受けるご本人(以下「申込者」といいます。)は、当約款に同意の上、株式会社グローバルリソースマネジメント(以下「GRM」といいます。)に本契約を申し込むものとし、本契約が次条に従って成立した場合には、当約款の条項を適用されるものとする。

第二条 申し込み条件
本契約は18歳以上の方が対象になります。18歳未満の方は保護者の同行などを条件とする場合があります。また、申し込み希望者の方が渡航者としての条件を満たしていない場合、希望する研修機関が受け入れ不可能な状態、または受け入れの条件を満たしていない場合は申し込みを断ることがあります。

第三条 本契約の申し込みと成立時期
(1) 申込者は、GRM所定の申込書、又はオンライン申込フォームに所定の事項を記入の上、持参、郵送、FAXもしくは、メール、オンライン送信により申込書をGRMに通知した後、申込者御一人様につき一部金20.000円をGRMへ支払うものとする。一部金は、留学プログラム費用、契約解除料、申込内容の変更料、又は違約金の一部、又は全部として取り扱われます。
(2) 本契約は、GRMが申込者からの申し込みを承諾し、一部金を受領した時に成立するものとします。GRMは本契約成立後、諸手続きを開始致します。

第四条 拒否事由
GRMは、申込者からの本契約の申し込みが以下の定める事由に該当する時、申込者の申し込みを断る権利を有します。
(1) 申し込み希望者が、渡航に適した条件を備えていないとGRMが判断した場合。
(2) 期限以内に渡航手続きが完了する見込みがない場合。
(3) 申し込み希望者が希望する研修機関が受け入れ不可能な状態、渡航できる可能性が明らかにないとGRMが判断した場合。
(4) 未成年や学生の申し込み希望者が、親権者、その他法定代理人の同意を得ていない場合。
(5) 上記該当しない事項で、GRMの認めるところによる事由がある場合。


第五条 GRMが申込者に提供する留学手続き代行サービス
(1) GRMが提供するサービスは、申込者が希望する研修機関に対する入学申し込み手続きの代行、渡航に当たっての情報提供を行うものであります。したがって、研修機関の研修内容は各研修機関が企画、運営し提供するものであり、GRMが研修に関するサービスの提供、及び保証するものではありません。
(2) 申し込み希望者は自己の責任のもとで渡航することを前提として本契約を申し込むものとします。したがって、滞在先でのトラブル、事故等に対してGRMは一切の責任を負いません。
(3) GRMが提供する留学サポートは、募集型企画手配旅行(主催旅行)である旅行業とは異なります。従って、旅程管理、特別保証及び旅程保証はいたしません。

第六条 GRMの責任
GRMの責任は第五条に定める留学サポートに関するものに限定されます。

第七条 留学プログラム費用のお支払
留学プログラム費用などは、GRMが発行する請求書に指定された期日までにGRM指定の支払方法によりお支払い頂きます。但し、一部金などの事前にお支払い頂いた金額がある場合は、その額を差し引いたものといたします。

第八条 留学プログラム費用に含まれる項目
各留学プログラムに明示してある項目。研修機関の都合により、授業料、入学金、宿泊費、その他の諸費用の料金、及び条件が予告なしに変更される場合があり、GRMまたは研修機関より変更後の料金、条件をお伝えし、お支払い済みの料金との差額、または変更後の料金を請求させて頂きます。

第九条 留学プログラム費用に含まれない項目
第八条に記載した項目以外はプログラム費用に含まれません。

第十条 留学プログラムの開始日
申し込みの研修機関、又は研修機関宿舎へのご到着日となります。

第十一条 申し込み内容の変更
①留学プログラム開始前
留学プログラム開始前に申し込み内容の変更を希望する場合、申込者はGRMに申し込み内容の変更を通知し、下記の手数料をお支払い頂くことで申し込み内容の変更が可能となります。但し、研修機関の都合等により、申し込み内容を変更できない場合があります。また、申し込み内容の変更をする際に別途費用が発生する場合は申込者の負担となります。

(1) 留学プログラム開始日の29日前までの変更 10,000円
(2) 留学プログラム開始日の28日前〜15日前までの変更 15,000円
(3) 留学プログラム開始日の14日前~当日の変更 20,000円

申込者による申し込み内容の変更通知の到着日、又は料金の支払い日がGRM休業日にあたる場合、申し込み内容の変更通知の到着日、又は料金の支払い日は翌営業日になります。16:00以降での、申し込み内容の変更通知の到着、又は料金の支払いも翌営業日扱いにいたします。

研修機関から返金があった場合には、GRMが返金を確認した後、三菱東京UFJ銀行のTTB レートにて換算し、日本円で返金を行います。又、研修機関に送金する場合には、GRM為替レートにて、研修機関指定の通貨に変換し、送金を行います。返金、及び送金に伴う送金手数料は申込者の負担とさせて頂きます。

②留学プログラム開始後
留学プログラム開始以降の申し込み内容の変更や延長は、GRM、もしくは研修機関が対応いたします。申し込み研修機関の規定に従い、申し込み内容の変更や延長する際に別途費用が発生する場合は申込者の負担となります。研修機関から返金があった場合には、GRMが返金を確認した後、三菱東京UFJ銀行のTTB レートにて換算し、日本円で返金を行います。又、研修機関に送金する場合には、GRM為替レートにて、研修機関指定の通貨に変換し、送金を行います。返金、及び送金に伴う送金手数料は申込者の負担とさせて頂きます。

※申込者が研修機関自体の変更を希望する場合、先に申し込み頂いた本契約を解除して頂き、変更を希望する研修機関に新しく申し込みをして頂くことになります。

第十二条 申込者から本契約解除
①留学プログラム開始前
申込者が本契約解除を希望する場合、申込者はGRMに本契約の解除を通知し、下記の手数料をお支払い頂くことで本契約の解除が可能となります。また、申し込み研修機関の規定に従い、申し込みの取り消しに伴う別途費用が発生する場合には、これを申込者の負担とし、当社がこれを立て替え払いしたとき、申込者は相当する費用をGRMに支払うものとします。

(1) 留学プログラム開始日の29日前までの解約 20,000円
(2) 留学プログラム開始日の28日前~前日までの解約 30,000円
(3) 留学プログラム開始日以降の解約 留学プログラム費用の全額

申込者による本契約解除通知の到着日、又は料金の支払い日がGRM休業日にあたる場合、本契約解除通知の到着日、又は料金の支払い日は翌営業日になります。16:00以降での、本契約解除通知の到着、又は料金の支払いも翌営業日扱いにいたします。

研修機関から返金があった場合には、GRMが返金を確認した後、三菱東京UFJ銀行のTTB レートにて換算し、日本円で返金を行います。又、研修機関に送金する場合には、GRM為替レートにて、研修機関指定の通貨に変換し、送金を行います。返金、及び送金に伴う送金手数料は申込者の負担とさせて頂きます。


②留学プログラム開始後
留学プログラム開始後以降での留学プログラムの本契約解除については、基本的に一切返金いたしません。しかし、特別な事情により研修機関からの返金があった場合には、GRMが返金を確認した後、三菱東京UFJ銀行のTTB レートにて換算し、日本円で返金を行います。但し、返金に伴う送金手数料は申込者の負担とさせて頂きます。

第十三条 GRMからの本契約解除
下記に定める事由が申し込み者にあるとき、GRMは催告した後、本契約を解除できるものとします。また、本契約を解除する場合、留学プログラム費用、変更手数料など、申込者が既にGRMに支払った費用につきましては一切返金いたしませんので、予めご了承下さい。解除により発生した研修機関に対する取消料などの費用、及び損失は、申込者が負担するものとし、別途GRMから請求いたします。

(1) 申込者が、指定期日までに留学プログラム費用を支払わない場合
(2) 申込者が、指定期日までにGRMが指定した必要資料を提出しない場合
(3) 申込者が、GRMに届けた申込者に関する情報の内容に虚像、又は重大な遺漏が発覚した場合
(4) 留学プログラムへの参加が不適切とであると、GRMまたは研修機関が判断した場合
(5) その他、GRMがやむを得ない事由を認めた場合

十四条 免責事項
渡航中、渡航後は申込者の個人の責任において行動するものであり、秩序、法令、良俗、或いは留学先などの規則等に違反した場合、GRMは一切その責任を負いません。
その他、以下のような場合にはGRMは責任を負いません。
(1) 申し込み先の研修機関、研修機関宿舎、コースなどがすでに定員に達していて、申込者のご入学が不可能な場合
(2) 研修機関の事由により、重要書類、入学許可書が期日までに届かず申込者が出発できない場合
(3) 申込者の条件が研修機関の入学許可基準に満たしておらず、申込者に研修機関から入学許可書がおりない場合
(4) 政府機関、現地機関、研修機関、研修機関宿舎、滞在先等の事情により日数、授業、宿泊、費用、その他の内容がGRMの事前説明と異なる場合
(5) ホームページ、パンフレットなど公表している授業、プログラム、宿舎などの内容と実際が異なる場合
(6) 研修機関の都合、又はGRMが管理できない事由により、日程、宿舎先その他のプログラム内容が変更され、不能となった場合
(7) 天災地変、戦乱、暴動、航空機の遅延、研修機関等の事故、ストライキなどの不可抗力の事由により損害が発生した場合
(8) 申込者がパスポート及び航空券、ビザの不備、もしくは何らかの事由により、渡航先国に入国、もしくは航空機に搭乗できなかった場合
(9) 申込者がパスポート及び航空券、ビザの取得に時間がかかり、予定の出発に間に合わなかった場合
(10) パスポート記載の名前と航空券記載の名前が異なり航空機への搭乗を拒否された場合
(11) 病気、怪我、事故等により留学、及び渡航が中止になった場合
(12) 留学先で観光ツアー参加される場合、申込者の自己責任とし、交通事故や災害事故による損害に対してGRMは一切責任を負いません。また、スポーツ等が原因の事故であっても責任は申込者個人に帰属します。特定のスポーツをする際に保険の特約が必要であれば、申込者個人の責任において加入手続きを行うものとします。

第十五条 損害負担
申込者が、GRMの責任によらない事由により何らかの損害を被る場合、GRMはその責任を一切負いません。

第十六条 研修機関の研修内容、及び研修機関の宿舎、施設などの情報
GRMは研修機関から寄せられる最新の資料を基に情報を提供しておりますが、情報の正確性、及び研修機関の事情による変更等における責任は負いません。

第十七条 ご注意事項
申込者は、下記の事項を了承するものとします。
(1) 研修機関・渡来先等の都合により、一度決定された滞在先が、留学プログラム開始前、もしくは留学プログラム開始後に変更になる場合があること。
(2) 土曜日、日曜日、各国の祝祭日、研修機関の定める休校日、渡来先国もしくは研修機関等により急遽祝祭日、休校日が制定された日には、休校、及び施設の一部もしくは施設全部が一部の利用制限、もしくは閉鎖される場合があること。
(3) 申込者には次の各号を尊守して頂くことになります。
1 法令、公序良俗、慣例に違反するような行為をおこなわない。
2 研修機関、研修機関宿舎等の各種規則に従い行動すること。
3 GRM、GRMスタッフ、現地サポートデスク、研修機関、研修機関宿舎、研修機関施設、ホームステイ先等、または、渡来先の人々に対して公序良俗に違反することがない行動をすること。

第十八条 合意管轄裁判所
本契約に関する訴訟については、GRM本社所在地(京都市)を管轄する裁判所を管轄裁判所といたします。

第十九条 約款の変更
当約款は、告知なく変更する場合があります。

第二十条 発行期日
当約款は、2012年8月8日以降に申し込まれる契約に適用されます。
トップページに戻る