【費用明細】1年間のフィリピン・セブ島留学は「200〜400万円」かかる

1年間の留学費用

留学を検討する際、最も気になることが「留学費用」ではないでしょうか。

経験者の実例から「1年間」にかかるフィリピン・セブ留学の費用を紹介していきます。

この記事で分かること

  • 1年留学にかかる費用・内訳
  • 6ヶ月留学、ワーキングホリデーとの比較
  • 長期留学におすすめの語学学校
(2023年10月20日更新)

1年間のフィリピン・セブ島留学は「200〜400万円」

1年間の費用は2,000,000円〜4,000,000円

1年間のフィリピン・セブ島留学は「200〜400万円」がかかります。

1年留学の費用目安

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 150万 240万 330万
現地払い 35万 35万 35万
学校以外 30万 30万 30万
総額 ¥2,150,000 ¥3,050,000 ¥3,950,000

フィリピン留学に必要な費用は、3つに分かれており「日本で支払う費用」「現地で支払う費用」「学校以外の費用」があります。

フィリピン留学に必要な費用は「3つ」

  • 日本で支払う費用
  • 現地で支払う費用
  • 学校以外の費用

日本で支払う費用

日本で支払う費用とは、フィリピン出発前に支払う費用のこと。

主に「入学金・学費・滞在費・食費」のことで、留学を紹介しているエージェントや旅行会社に支払います。

入学金 留学期間とわず「10,000〜20,000円」が相場です。
学費・滞在費 語学学校のメイン費用。コース、部屋タイプの組み合わせで価格が決定します。
食費 多くの学校では、滞在費に「1日3食」の食費が含まれます。

ポイント

1年間の留学では「学費・滞在費」が大部分を占めます。特に「部屋タイプ」の差が大きく、1人部屋と6人部屋では、100万以上の差が付くことも。お申込み前に見積書はもちろん「キャンセル規定」を確認しておくと安心です。

現地で支払う費用

現地で支払う費用とは、フィリピン到着後、学校へ直接納める費用のことです。

主に「ビザ代、電気代、教材費、管理費」があります。

SSP フィリピンで勉強するための就学許可証。留学する全員に取得義務があります。15,000〜17,000円が相場になります。
滞在ビザ フィリピン留学では「30日間」まで観光ビザ(事前手続き不要)で滞在が許可されます。31日を超える場合、30日ごとに現地でビザを延長していきます。
ACR I-Card ACR I-Cardとは「外国人登録証」のことで、滞在期間が59日(2ヶ月)を超える場合に取得が必要です。7,000〜9,000円が相場です。
ECC ECC(Emigration Clearance Certificate)は、フィリピンに6ヶ月以上滞在する方が出国時に必要となるものです。3,000〜5,000円が相場です。
光熱費 光熱費は「メーター精算」が一般的です。1年間の場合「25,000円〜50,000円」が相場となります。
教材費 教材は「到着後の購入」が一般的です。1年間の場合「20,000円〜35,000円」が相場となります。

ポイント

留学期間が長いほど、現地費用も高くなります。一年留学の場合、持参の現金も大きくなるため「現金管理」について対策しておきましょう。支払い通貨は「フィリピンペソ」であることが多く、両替場所、為替レートに注目すると費用を抑えることができます。

学校以外の費用

学校以外の費用としては「航空券」、「海外旅行保険」が必要です。

航空券 日本とフィリピンの「往復航空券」またはフィリピンから他国に出国する航空券が必要です。
海外旅行保険 留学中のトラブルを補償してくれるのが海外旅行保険です。1ヶ月あたりの相場は15,000〜20,000円ですが、1年間になると「20万円以上」の予算になってきます。
交通費 日本の空港までの交通費、フィリピンの空港から学校までの交通費がかかる場合があります。

1年留学の費用目安

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 150万 240万 330万
現地払い 35万 35万 35万
学校以外 30万 30万 30万
総額 ¥2,150,000 ¥3,050,000 ¥3,950,000

3ヶ月、6ヶ月(半年)との費用比較

1年の留学を検討している方は「3ヶ月」や「6ヶ月」も検討に入っているかもしれません。留学期間による費用の差をご紹介します。

3ヶ月のフィリピン留学は「55〜100万円」

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 37万 60万 84万
現地払い 8万 8万 8万
学校以外 13万 13万 13万
総額 ¥580,000 ¥810,000 ¥1,050,000

6ヶ月(半年)のフィリピン留学は「100〜200万円」

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 75万 120万 170万
現地払い 17万 17万 17万
学校以外 20万 20万 20万
総額 ¥1,120,000 ¥1,570,000 ¥2,070,000

フィリピン・セブ島留学(1年間)の費用対効果は?

留学期間と英語力の目安

フィリピン留学において、一般的に言われている「英語力の伸び」をご紹介します。ここでは初級レベル(Beginner・Elementary)の方が留学した時の目安を取り上げています。

英語初心者の方が、6ヶ月〜1年留学で得れる効果の目安は「専門的な単語・表現を用いて、ビジネス会話、専門会話ができる。」となります。

ただし、フィリピン留学で1年間は長いこともあり、まずは6ヶ月(半年)で検討し「現地延長」という方法もおすすめです。

留学期間 英語レベル・目安の成果
1〜2週間 レベル1:限られた単語・表現を用いて、意思を伝えることができる。
3〜4週間(1ヶ月) レベル2:限られた単語・表現を用いて、簡単な日常会話ができる。
5〜8週間(2ヶ月) レベル3:一般的な単語・表現を用いて、日常会話ができる。
9〜12週間(3ヶ月) レベル4:一般的な単語・表現を用いて、スムーズな日常会話ができる。
13〜16週間(4ヶ月) レベル5:専門的な単語・表現を用いて、限定的なビジネス会話、専門会話ができる。
17〜20週間(5ヶ月)  レベル6:専門的な単語・表現を用いて、簡単なビジネス会話、専門会話ができる。
24週間以上 レベル7:専門的な単語・表現を用いて、ビジネス会話、専門会話ができる。

ワーキングホリデー(欧米)との比較

フィリピン留学と、欧米の「ワーキングホリデー」で悩んでいる方も少なくありません。

ここでは「語学留学」と「ワーキングホリデー」の違いについてご紹介します。

「語学留学」と「ワーキングホリデー」の違い

フィリピン留学は、英語を勉強するための「語学留学」です。学校に入学し、毎日英語を勉強します。語学留学の中でも「マンツーマン授業が多い」「費用が安い」といった点が、フィリピンのメリットです。

一方、ワーキングホリデーは「異なる文化で休暇を楽しむ」を目的とした制度です。フィリピン留学と異なる点として、ワーホリビザは「就労」も認められています。

「語学留学」と「ワーキングホリデー」で悩んだ際、どちらが「自分のやりたいことに近いのか?」を考えてみるのがおすすめです。

英会話、IELTS、TOEICなど、英語力の向上を優先したい場合、フィリピンの語学留学がおすすめです。

一方、海外就労を経験したい場合、ワーキングホリデーがおすすめです。

最近では「フィリピン留学 + ワーキングホリデー」という、2カ国留学が流行ってきており、フィリピン留学は、ワーキングホリデーの「前」に行くという流れがスタンダードになりつつあります。

留学目的 おすすめプラン
日常英会話の習得 フィリピン語学留学(3ヶ月)
日常英会話 + 試験対策 フィリピン語学留学(6ヶ月以上)
海外での就労体験 ワーキングホリデー(欧米諸国)
海外でのホームステイ・生活体験 ワーキングホリデー(欧米諸国)
英語力 + 就労体験 フィリピン語学留学(2〜3ヶ月)+ ワーキングホリデー

2カ国留学(フィリピン + ワーホリ)の費用

フィリピン留学の予算目安(3ヶ月)
学費・寮費(食費込み) 600,000円
ビザ・光熱費 等 80,000円
航空券(往復) 80,000円
旅行保険(3ヶ月) 50,000円
生活費(3ヶ月) 90,000円
小計:900,000円
ワーホリの予算目安(1年間)
ワーホリビザ 30,000円
ホームステイ(3ヶ月) 360,000円
シェアアパート(9ヶ月) 750,000円
航空券(往復) 250,000円
旅行保険(12ヶ月) 250,000円
生活費(12ヶ月) 800,000円
小計:2,440,000円
フィリピン留学の予算(3ヶ月) 900,000円
ワーキングホリデー(1年間)合計支出 2,440,000円
ワーキングホリデー(8ヶ月)合計収入 - 1,500,000円
合計予算:1,750,000円
  • 予算増:欧米でも語学学校に通う場合、エージェントの現地サポートを利用する場合
  • 予算減:現地の保険会社を利用する場合、自炊をメインとする場合

ワーキングホリデー前におすすめの語学学校

フィリピンの語学学校には「ワーホリ準備コース」に力を入れている学校があります。

長期留学におすすめの語学学校

6ヶ月〜1年間のフィリピン留学は、ステップアップを見据えた留学プランがおすすめです。

最終ゴールを「IELTS」「TOEIC」「ビジネス英語」などの習得とし、応用カリキュラムにも強い学校を選びましょう。

健康的な生活を維持できるよう、設備水準もポイントになってきます。

エージェントは「セブ島留学センター」

セブ島留学センターは、創業12周年を迎えるフィリピン留学・セブ島留学の専門機関です。

2012年のサービス開始から「8,000名以上」の手配実績を誇ります。

安心して留学準備できるよう、経験豊富なサポートチームがお手伝いさせていただきます。

サービス一例

  • (1)語学学校の入学手続き(手数料無料)
  • (2)最新の入国準備をサポート
  • (3)留学ガイドブックをプレゼント
  • (4)現地サポート・緊急サポートに対応
  • (5)カナダ・オーストラリアへの二カ国留学
フィリピン・セブ島留学について
この記事を書いた人:山田 貴大
フィリピン・セブ島専門の留学サービス「セブ島留学センター」の代表。関西大学在学中に6ヶ月のセブ留学を経験。2012年に事業設立。これまで80校を訪問し、約5,000名の留学生のお手伝いをさせていただきました。