フィリピン留学・セブ島留学に必要なPCR検査について

フィリピン・セブ島留学の最新情報

フィリピン留学・セブ島留学の出発前に必要な「PCR検査」についてまとめています。

この記事で分かること

  • フィリピン渡航時のPCR検査の概要
  • 検査の予約方法、注意点

フィリピン留学・セブ島留学に必要なPCR検査(2022年9月27日時点)

3回目のワクチン接種が完了している場合、出発前のPCR検査は「不要」です。

年齢ワクチン接種回数PCR検査/抗原検査
18歳以上2回必要
18歳以上3回以上不要
12〜17歳(単身)2回必要
12〜17歳(単身)3回以上不要
12〜17歳(成人同伴)2回不要
12〜17歳(成人同伴)3回以上不要
12歳未満(成人同伴)問わない不要
  • ・接種回数の証明には「ワクチン接種証明書(渡航用)」が必要です。
  • ・1回の接種で完全接種と認められる種類のワクチンの場合、記載回数は異なります。
  • ・12歳未満の記載は、3回以上のワクチンを接種している親(保護者)との同伴渡航を条件としています。

条件を満たしていない場合、日本を出国する48時間以内に検査された「PCR検査」または24時間以内の「抗原検査」の陰性証明書の提出が必要です。

検査形式

検査病院の指定なし(医療機関による検査が必要)
検査方法RT-PCR検査 または 抗原検査
検体採取方法の指定指定なし(鼻咽頭ぬぐい または 唾液)
証明書タイプ書面(電子形式の場合、事前印刷)
証明書言語英語
証明書形式の指定なし
提示タイミング出発空港のチェックイン時・フィリピンの入国審査時

証明書は英文での提出が必須ですのでご注意ください。電子形式で受取る場合、事前の印刷をお願いいたします。

検査日の計算例

日本を出国する時間(航空券の出発時刻)から遡って計算します。

  • 指定時間:48時間以内
  • 日本出発:4月3日(日)13時
  • 検査日時:4月1日(金)13時より後
  • 指定時間:24時間以内
  • 日本出発:4月3日(日)13時
  • 検査日時:4月2日(土)13時より後

よくある質問・注意点

  • (1)PCR検査の場合「RT」という記載が入っている方が好ましいです。フィリピン政府が認めているのは「RT-PCR検査」であり「PCR」だけの記載という理由で、搭乗拒否された事例もあるようです。
  • (2)全文が英語であることが好ましいですが、英語記載が確認できれば、日本語記載が含まれていても問題ありません。
  • (3)採取日の時刻記載がない陰性証明書もあります。RT-PCR検査の場合、前日採取であれば「48時間以内」ということが分かりますが、2日前の採取の場合、時刻記載が重要です。
  • (4)One Health PassのWeb申請の際に「電子データ」が必要です。搭乗および入国審査の際には「書面」が必要になります。

PCR検査の予約タイミング

医療機関によるPCR検査の実施には、クリニックの「事前予約」が必要です。航空券を取得した時点で、検査をご予約ください。

陰性証明書の受取りまでの流れ

  • 1. PCR検査の予約
  • 2. 当日の検体採取(来院 または 郵送)
  • 3. 渡航用陰性証明書の発行(再来院 または PDFメール)

検体採取を郵送キットで提出する場合、唾液による検査になります。事前に医療機関にご相談ください。

陰性証明書の受取りは、再来院よりもメールでの受取りが便利です。ただしメール(PDF)の場合、事前の印刷が必要です。

PCR検査の予約方法

PCR検査の予約方法には、以下のような方法があります。

  • 1. 空港内クリニック
  • 2. 海外渡航専門クリニック
  • 3. 最寄りのクリニック

空港内クリニック

空港にあるクリニックで出発前のPCR検査が可能となっています。

当日検査は可能?

検査結果が出るまで時間がかかります。午前〜午後便をご利用の場合、当日検査はおすすめできません。

夜便の場合のみ、証明書発行までの所要時間とフライト時刻をご相談いただきながら、ご検討ください。

海外渡航専門クリニック

海外渡航用のPCR検査に特化した専門クリニックがあります。多くの医療機関は都市部に集中しておりますが、以下に一例のご紹介いたします。

TMCグループ チームメディカルクリニック
東京・大阪・愛知・福岡・北海道(土日営業は店舗による)
再来院不要(PDF受取り可)
16,000円(税込)
https://www.team-medical.or.jp

Tケアクリニック
東京・大阪(年中無休)
再来院不要(PDF受取り可)
22,000円(税込)
https://clinicnearme.jp/anajp

最寄りのクリニック

最寄りのクリニックでのPCR検査をご検討の場合、以下の点にご注意ください。

  • ・海外渡航用の英文陰性証明書に対応しているか?
  • ・医療機関の実施であることを確認できるか?
  • ・RT-PCR検査であり、その記載が確認できるか?
  • ・検査〜発行までにどれくらいに時間がかかるか?
  • ・土日祝の検査、受取には対応しているか?

最寄りのクリニックで検査を受ける場合は「フィリピン」に渡航する旨をお伝えください。

海外渡航者向けのPCR検査の実績が乏しい病院の場合、英文陰性証明書に対応していないケースがあります。

陰性証明書の受取り後

陰性証明書を受け取った後、フィリピンの検疫局に対して「One Health Pass」の提出が必要になります。

以下を参考に「One Health Pass」をご提出ください。

フィリピンから日本へ帰国時のPCR検査

フィリピンから日本への帰国時のPCR検査については、以下の帰国準備のページ内で解説しています。

エージェントは「セブ島留学センター」

セブ島留学センターは、創業11周年を迎えるフィリピン留学・セブ島留学の専門機関です。

2012年のサービス開始から「4,500名以上」の手配実績を誇ります。

安心して留学準備できるよう、経験豊富なサポートチームがお手伝いさせていただきます。

サービス一例

  • (1)語学学校の入学手続き(手数料無料)
  • (2)最新の入国準備をサポート
  • (3)留学ガイドブックをプレゼント
  • (4)現地サポート・緊急サポートに対応
  • (5)カナダ・オーストラリアへの二カ国留学
フィリピン・セブ島留学について
この記事を書いた人:山田 貴大
フィリピン・セブ島専門の留学サービス「セブ島留学センター」の代表。関西大学在学中に6ヶ月のセブ留学を経験。2012年に事業設立。これまで80校を訪問し、約3,500名の留学生のお手伝いをさせていただきました。