【オンライン留学】おすすめ英語プログラム 9校(費用、メリット、口コミ)

オンライン留学 オンライン留学

オンライン留学とは

オンライン留学のポイント1・自宅から参加する語学プログラム

自宅から参加する語学プログラム

オンライン留学のポイント2・1日90分〜 毎日しっかり勉強

1日90分〜 毎日しっかり勉強

オンライン留学のポイント3・1週間〜入学可 気軽にスタート

1週間〜入学可 気軽にスタート

自宅から参加する「語学プログラム」

オンライン留学とは、日本にいながら海外留学と同じ授業を受ける「オンライン語学プログラム」です。公式の語学学校や大学が提供しているオンライン授業で、従来のオンライン英会話とは異なります。実際に学校で働く先生から、一日中みっちりと語学レッスンを受けるのが「オンライン留学」の特徴です。

1日90分〜「平日」にしっかり勉強

オンライン留学は「1日90分〜」、実際の学校と同じスケジュールで「平日」に勉強するコンセプトです。1日90分のグループレッスンから、5時間のマンツーマン授業まで、プログラムの種類は多岐にわたります。オーダーメイドでプログラムを組めるものもあり、自分の語学レベルに合わせて学習を進めます。

1週間〜「期間」を自由に選べる

オンライン留学は「1週間〜」開始できます。仕事や学業を続けながら「短期」で取り組むのも良し、キャリアップを見据えて「長期」で取り組むのも良し、自分のスケジュールに合わせて、世界中の語学レッスンを受講できます。どのプログラムで、どれくらい勉強するのかを考えながら学習計画を立てていきます。

マンツーマン(1:1)のオンライン授業がある

オンライン留学には「マンツーマン」と「グループ」、2つのレッスン体系があります。主にマンツーマンは「フィリピン」のオンライン留学、グループは欧米(カナダ、イギリス、アメリカ)やオーストラリア、韓国のオンライン留学で採用されています。

マンツーマンは自分のレベルに応じて授業が進行されるため、初心者でも参加しやすいという特徴があります。

オンライン留学のマンツーマン授業の様子

グループのオンライン授業もある

欧米(カナダ、イギリス、アメリカ)やオーストラリアの学校が提供するグループ授業には、様々な国の留学生が参加しています。オンラインでありながらも「国際交流」を目指せる点もオンライン留学のポイントです。

オンライン留学のグループ授業の様子

公式の修了証明書が発行される

オンライン留学は公式学校が運営しているサービスです。そのため卒業時には修了証明書が発行されます。多くの学校では、入学時や卒業時にテストが実施されるため、語学レベルがどれくらい上がったのかを可視化することもできます。

オンライン留学の修了証明書サンプル

オンライン留学のメリット 8選

オンライン留学のポジション

先生は教育機関のプロ講師

従来のオンライン英会話では、フリーで活動している先生が多いという特徴があります。しかしオンライン留学は教育機関のプロ講師によって実施されるため、授業の質が高いというメリットがあります。

またオンライン留学は1日90分〜、留学と同じ豊富な勉強時間により、短期集中で語学を身に付けることが期待できます。1ヶ月のオンライン留学は、週1回通う英会話スクールの1年分のレッスン時間に相当します。

新型コロナウイルスの影響を受けない

2020年は新型コロナウイルスの影響で、留学を断念する人が後を絶たない状況です。そんな中で始まったオンライン留学は、新型コロナウイルスの感染を気にすることなく、留学と同じ授業を受けることができます。渡航が制限される中、海外の留学生や先生と関わることができる数少ない方法となっています。

自分の好きな場所、好きな時間帯で受講できる

オンライン留学は、ネット環境とスマホ(またはPC・タブレット)さえあれば、自宅、職場、学校どこからでもレッスンに参加できます。

またオンライン留学の利点は「場所」だけではありません。授業を「いつ」受講するかも自由に決めることができます。学校によってはオーダーメイドできるプランもあり、内容や時間を柔軟に組むことができます。

カリキュラムの選択肢が豊富

オンライン留学は世界中の学校が提供していることもあり、カリキュラムが豊富です。基礎科目のみならず、日常会話、ビジネス、TOEIC、TOEFL、IELTS、大学進学コースまで幅広いプログラムを受講できます。

またそれをマンツーマンで受講するのか、グループで受講するのか、組み合わせパターンは多岐にわたります

学習の継続率が高い・続けやすい

オンライン留学ではあらかじめ「受講期間」を1週間単位で決めることになります。

従来のオンライン英会話には期間の定めがないため、継続には強いモチベーションが必要です。しかしオンライン留学は、最初からゴール(終わり)が決まっていることにより、モチベーションを保ちやすいというメリットがあります。

また講師は「担任制」となるため、レッスンを通じてお互いの信頼関係を築いていくことができます。

海外留学の授業を模擬体験できる

オンライン留学を受講する方の中で、比較的多いのが将来留学を検討している方々です。海外留学では現地に行ってみるまで、どのような授業が行われるか分かりません。

そこで留学の事前練習として、オンライン留学が活用されています。英語力を底上げしてから渡航することで、到着後も良いスタートダッシュを切ることができます。

オンライン上のコミュニケーションを練習できる

意外なメリットが、オンライン上の「コミュニケーション練習」です。テレワークが普及する中、オンライン上のコミュニケーション能力はより一層求められています。

すでにオンライン商談や会議システムを利用している社会人の方も少なくありません。

オンライン留学では語学のみならず、オンライン上のコミュニケーションを実体験から学ぶことができます。

海外留学よりも費用が安い

オンライン留学のメリットとして、最もよく挙げられるのが「費用」についてです。海外留学とは異なり、寮費、航空券、保険代がかからないこともあり、費用を抑えることができます。

一般的な語学学校の留学では、学費、寮費、航空券を含めると、1ヶ月30万円ほどかかります。

オンライン留学に必要なのは学費のみ、1ヶ月5〜10万円に抑えることができ、大幅なコストカットを実現できます。また2万円以下で参加できるライトプランもあります。

オンライン留学のデメリット 6選

授業以外で英語を使うことはない

オンライン留学のデメリットは、日常生活のすべてを英語(その国の語学)にできるわけではない点です。海外留学の場合、カフェで友人と過ごす時間、アルバイトをする時間、生活のすべてに語学が関わってきます。しかしオンライン留学には「実生活」がありません。

そこでおすすめ方法は、先生や留学生と実際に友達になってみることです。フィリピンであればマンツーマン、欧米のであればグループワークがあるため、特に長期の場合は、相手と親密になれるきっかけがあります。

SNSを交換し、チャット(アウトプット)するだけでも語学力の上達に繋がります。オンラインであっても、自分の行動やアイデア次第で、切り開いていくチャンスがあります。

その国の文化を体験できない

オンライン留学のもう一つのデメリットが異文化を体験できない点です。交流はできても、その国の暮らしや文化を肌で感じることはできません。

海外留学の目的が「語学だけ」という人は多くなく、文化体験も留学の醍醐味です。その点オンラインでは限界があるため、学習面によりフォーカスしている人の方が適していると言えます。

空気感で会話をスルーできない

日本人が得意とする「笑顔でスルー」はオンラインでは通用しません。海外の授業では、自分の考えを聞かれるシーンが少なくありません。時には、Yes No で自分の意見を発信する勇気が必要です。

オンライン授業は相手の言葉をより傾聴する雰囲気があります。そこを苦手とする方にとってはデメリットになるかもしれません。しかし成長と捉える方にとっては、メリットに変えることもできます。

スケジュールの確保が必要

オンライン留学の一番のデメリットが、まとまったスケジュールの確保が必要な点です。

従来のオンライン学習では、自分の都合に応じて授業を休めるものもあります。しかし期間の定めがあるオンライン留学では、1日分の休みももったないと言えます。

また学校と同じスケジュールで動くため、原則土日の授業は休みで「平日」が中心となります。(一部の学校のみ土日対応可)まとまった時間があり、本気で勉強に挑みたい方におすすめです。

国や学校によって時差がある

オンライン留学は世界の教育機関が提供しているサービスです。そのため学校がある国によっては日本と時差が存在します。

同じアジアであるフィリピンや韓国との影響は少ないですが、欧米(アメリカ、イギリス、カナダ)にある学校の場合、時差を考えて授業を選ぶことになります。

日本時間のスケジュールに合わるためには、フィリピンの学校や日本の時間帯で選べる欧米の学校がおすすめです。

オンライン英会話よりは費用が高い

海外留学よりも安いオンライン留学ですが、オンライン英会話よりは高いと言えます。オンライン英会話には、月額1万円以下できるレッスンが多くあります。1日25分のフリートークが目的あれば、オンライン留学は必要ありません。

費用が高い理由は、1日の授業時間が違いがあるためです。例えば、1日4コマ(200分)のプログラムと、1日25分のオンライン英会話を比べると、1日の勉強時間で「8倍」の差があります。また英会話スクールと比べると、1ヶ月で「20倍」の英語環境を作ることができます。

「海外留学」「オンライン英会話」との比較

海外留学との違い

オンライン留学 海外留学
授業 ◯ 海外留学と同じ ◯ 質が高い
治安 ◯ 安全 △ 国・地域による
感染リスク ◯ リスクなし × リスクあり
国際交流 △ 限定的 ◯ 活発
現地生活 × 体験できない ◯ 体験できる
費用 ◯ 安い × 高い
航空券・保険 ◯ 不要 × 必要

オンライン英会話との違い

オンライン留学 オンライン英会話
レッスン時間(1回) 45〜50分 25分
レッスン時間(1日) 90〜350分(1.5時間〜) 25分
レッスン体系 マンツーマン + グループ マンツーマン
レッスン場所 自宅や会社(どこでも)
国際交流 あり なし
継続率 高い(最初からゴールが決まっている) 低い(モチベーションの維持が必要)
運営機関 日系や外資の「語学学校」 日系の「一般企業」
予約システム 時間と講師は固定で進む(担任制) 時間と講師を自由に選ぶ(予約制)
支払い方法 一括払い」が主流 月額払い」が主流

\ オンライン留学 = 世界の本格「オンライン語学レッスン」+ 国際交流 /

参加者の男女比、平均期間は?

オンライン留学の参加者データ:男性(47.1%)、女性(52.9%)、1週間(21.6%)、2週間(16.2%)、3週間(10.8%)、1ヶ月(32.4%)、5〜7週間(5.4%)、2ヶ月以上(13.5%)

オンライン留学はこんな人におすすめ

  • コロナの影響で海外留学を断念した
  • 留学に行くには時間や費用の制限がある
  • 将来、ワーキングホリデーを控えている
  • 将来、海外大学やカレッジへの進学を控えている
  • 親子で一緒にオンラインレッスンを受けたい
  • 働きながら英語と向き合いたい社会人
  • 退職してから次の転職までに英語を身に付けたい社会人
  • 休学を決めた大学生
  • 夏休みや春休みに勉強したい大学生、高校生
  • 受験のために英語を勉強したい高校生
  • 今から基礎を身に付けたい小学生、中学生

\ 最短1週間〜・参加者の「9割」が英語初心者! /

おすすめのオンライン英語留学 9校

CURIOUS WORLD(キュリアスワールド)

CURIOUS WORLD

CURIOUS WORLD(キュリアスワールド)の特徴・おすすめプログラム・費用

Curious World(キュリアスワールド)は、フィリピン(バギオ)に拠点を持つオンライン専門のアカデミーです。日本人カウンセラーによる「学習カウンセリング」と講師との「バディ制度」で、特に英語初心者の方から人気があります。

TESOL(英語が母国語ではない人向けの英語教授法)の資格を持ったカウンセラーが事前カウンセリングを実施、一人一人の弱点に合ったカリキュラムの作成、教材の選定までを行います。

コース 1日のレッスン数(月〜金)1日の授業時間
午前コース
  • マンツーマン 4コマ
3.3 時間
午後コース
夜間コース(前半)
  • マンツーマン 2コマ
1.6 時間
夜間コース(後半)
コース1週間4週間(1ヶ月)8週間(2ヶ月)
午前コース¥25,000¥80,000¥160,000
午後コース¥25,000¥80,000¥160,000
夜間コース(前半)¥15,000¥60,000¥120,000
夜間コース(後半)¥15,000¥60,000¥120,000

CIP(シーアイピー)オンライン

CIP(シーアイピー)

CIP(シーアイピー)オンラインの特徴・おすすめプログラム・費用

CIP(シーアイピー)は、13年間の運営実績を持つフィリピン・クラークの語学学校です。フィリピンでは、ネイティブ講師からレッスンを受けれる数少ない留学先として人気を誇っています。

フィリピン人講師からは初心者向けのマンツーマン授業、ネイティブ講師からは発音や表現の本格レッスンを通じて、基礎〜応用まで長い目線で学習に取り組めます。

コース 1日のレッスン数(月〜金) 1日の授業時間
一般英語
  • マンツーマン 1〜4コマ(組み合わせ型)
  • グループ 1〜2コマ(組み合わせ型)
最大 4.3 時間
パワースピーキング
TOEFL
コース 4週間(1ヶ月) 8週間(2ヶ月) 12週間(3ヶ月)
コンビネーション A$470$940$1,410
コンビネーション B$540$1,080$1,620
コンビネーション C$660$1,320$1,980

QQ English オンライン校

QQ English オンライン校

QQ English オンライン校の特徴・おすすめプログラム・費用

QQ Englishは、2009年から運営しているオンライン英会話の人気スクールです。フィリピン・セブ島に2校の語学学校を保有しています。

QQ Englishの魅力の一つが「カランメソッド」です。カランメソッドとはイギリス・ロンドンで発明された世界的にも有名な英語教授法です。日本語を挟むことなく英語で英語を学ぶスピーキングメソッドで、通常の4倍のスピードで英会話を習得できると言われています。

コース 1日のレッスン数(月〜金) 1日の授業時間
スタンダード
  • マンツーマン 6コマ
  • リフレクション 1コマ
  • 自習時間 1コマ
5.8 時間
ライト
  • マンツーマン 4コマ
  • グループクラス 1コマ
  • リフレクション 1コマ
  • 自習時間 1コマ
5.0 時間
TOEIC
  • マンツーマン(TOEIC) 4コマ
  • マンツーマン(ESL) 1コマ
  • グループクラス 1コマ
  • リフレクション 1コマ
  • 自習時間 1コマ
5.8 時間
コース 1週間 4週間(1ヶ月)
スタンダード¥60,000¥142,000
ライト¥50,000¥118,000
TOEIC¥65,000¥155,000

MeRISE(ミライズ)オンライン

MeRISE オンライン

MeRISE(ミライズ)オンラインの特徴・おすすめプログラム・費用

MeRISE(ミライズ)は、3,000名以上の卒業実績を誇るフィリピン・セブ島にある語学学校です。社会人に向けた「ビジネス英語」を強みとしており、これまでも多くのビジネスマンに向けて、英語レッスンを実施してきました。

オンライン留学においてもビジネス英語を強みとしており、20代後半〜40代の社会人に人気があります。英語コーチングサービスよりも費用が比較的安価で、レッスン時間が豊富にある点が特徴です。

コース 1日のレッスン数 1日の授業時間
土日集中プラン
  • マンツーマン 3コマ(土日)
2.5 時間
半日プラン
  • マンツーマン 3コマ(月〜金)
2.5 時間
通常プラン
  • マンツーマン 6コマ(月〜金)
5.0 時間
コース 1週間 2週間 4週間(1ヶ月)
土日集中プラン¥38,500¥66,000¥121,000
半日プラン¥44,000¥77,000¥143,000
通常プラン¥66,000¥121,000¥231,000

ILAC Kiss(アイラックキッス)

ILAC(カナダ)

ILAC Kiss(アイラックキッス)の特徴・おすすめプログラム・費用

ILAC(アイラック)は、カナダで最大級の規模を誇る英語学校です。カナダを中心に70校以上の大学やカレッジとの提携があり、業界でもトップクラスの進学実績を誇っています。

そんなILACが運営するオンライン留学(ILAC Kiss)では、本場トロント、バンクーバーの一流講師からオンライン授業を受けることができます。

コース 1日のレッスン数(月〜金) 1日の授業時間
一般英語
  • グループ授業 4コマ(180分)
  • グループワーク 1コマ(60分)
  • 自主学習 1コマ(30分)
4.5 時間
IELTS
大学進学コース
コース4週間(1ヶ月)8週間(2ヶ月)12週間(3ヶ月)
一般英語$640$1,200$1,680
IELTS$640$1,200$1,680
大学進学コース$640$1,200$1,680

EC Virtual(イーシー バーチャル)

EC Virtual(イギリス)

EC Virtual(イーシー バーチャル)の特徴・おすすめプログラム・費用

EC English Language Centres(イーシー)は、1991年に設立され「29年間」の実績を誇る世界的な語学学校です。これまで50万人以上もの留学生がECを卒業してきました。そんな伝統校が展開するオンライン留学が「ECバーチャル」です。

最高のネイティブ講師によるオンラインレッスンは、4〜8名のグループ授業で構成され、世界中の生徒がリアルタイムで参加しています。

コース 1日のレッスン数(月〜金) 1日の授業時間
一般英語
  • グループワーク(予習)1コマ
  • グループ授業 2コマ(90分)
  • グループワーク(復習)1コマ
2.5 時間
コース4週間(1ヶ月)8週間(2ヶ月)12週間(3ヶ月)
一般英語€356€632€948

MONOL(モノル)オンライン

MONOL(モノル)

MONOL(モノル)オンラインの特徴・おすすめプログラム・費用

MONOL(モノル)は、フィリピン・バギオで17年間以上の運営実績を誇る老舗の英語学校です。人気の理由はプログラムの「柔軟性」にあります。

一般英語プログラムでは「スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング・発音・ディスカッション」から1コマずつを自由に選択「9〜24時」の好きな時間帯からオーダーメイドでレッスンを組むことができます。

コース 1日のレッスン数(月〜金) 1日の授業時間
一般英語
  • マンツーマン 1〜4コマ(自由選択)
最大 3.0 時間
ジュニア
IELTS
コース 4週間(1ヶ月) 8週間(2ヶ月) 12週間(3ヶ月)
一般英語 3コマ$540$1,080$1,620
ジュニア 3コマ$540$1,080$1,620
IELTS 3コマ$600$1,200$1,800

FLS International オンライン

FLS International

FLS International オンラインの特徴・おすすめプログラム・費用

FLS Internationalは、創立32年の歴史ある語学学校です。アメリカ内の大学やカレッジに5つのキャンパスを持ち、アメリカの大学進学に強い点が特徴です。カリキュラムの質に定評があり、試験対策にも強い学校となっています。

中級以上の英語レベルを持つ方で、本場アメリカの多国籍なグループレッスンに参加したい方、「提携大学進学コース」や「試験対策コース」で本格的に勉強したい方におすすめです。

コース 1日のレッスン数(月〜金) 1日の授業時間
Essential English
  • グループ 1コマ(平均8名)
1.5 時間
Business English
提携大学進学コース
  • グループ 1コマ(平均8名)
2.0 時間
コース 4週間(1ヶ月) 8週間(2ヶ月) 12週間(3ヶ月)
Essential English$440$880$1,320
Business English$440$880$1,320
提携大学進学コース$600$1,200$1,800

A&J オンライン(エーアンドジェー)

A&J オンライン

A&J(エーアンドジェー)の特徴・おすすめプログラム・費用

A&J(エーアンドジェー)はフィリピン・バギオで人気の英語学校です。レッスンの時間帯やコマ数の自由度は、オンライン留学の中でも屈指の柔軟性を誇っています。

オンラインであっても留学と同じ先生が、同じカリキュラムでレッスンしているため、品質も安定。毎日復習の授業を実施している点、マンツーマン特化である点から、特に英語初心者の方に人気となっています。将来のワーホリを控えた「ワーホリ英語」もおすすめです。

コース 1日のレッスン数 1日の授業時間
スポットコース
  • マンツーマン 1〜4コマ(週2〜5日)
最大 3.3 時間
ワーホリ英語
  • マンツーマン 1〜4コマ(週2〜5日)
最大 3.3 時間
週末プラン
  • マンツーマン 1〜4コマ(土日)
最大 3.3 時間
コース4週間(1ヶ月)8週間(2ヶ月)12週間(3ヶ月)
スポットコース$60〜$120〜$180〜
ワーホリ英語$60〜$120〜$180〜
週末プラン$80〜$160〜$240〜

無料体験できるオンライン留学

費用対効果が気になるオンライン留学では「無料体験レッスン」を受けれる学校があります。多くの場合、1レッスンのトライヤルとなります。

例えば、フィリピンの「マンツーマン授業」とカナダの「グループ授業」を比較してみると、レッスンの違いがよく分かります。学校によっては無料体験できる曜日が決まっていることもあります。

当ホームページに記載していない学校であっても、お気軽にご相談ください!

学校 無料体験レッスンの有無
Curious World(キュリアスワールド) ◯ あり(Skype)
CIP(シーアイピー) ◯ あり(Zoom)
QQ English(キューキュー) × なし
MeRISE(ミライズ) ◯ あり(Zoom)
ILAC Kiss(アイラックキッス) ◯ あり(Zoom)
EC Virtual(イーシー バーチャル) ◯ あり(Microsoft Teams)
MONOL(モノル) ◯ あり(Classin)
FLS International ◯ あり(Zoom)
A&J(エーアンドジェー) ◯ あり(Zoom)

オンライン留学(国別)

世界中の授業を受けれるオンライン留学は、国別で異なる特徴があります。弊社ではフィリピンを中心に、アメリカ、イギリス、カナダのオンライン英語留学を取り扱っています。

フィリピン カナダ アメリカ イギリス 韓国
英会話 -
TOEIC - - - -
TOEFL - - -
IELTS -
ビジネス英語 -
大学進学 - -
ワーホリ準備 - - - -
韓国語 - - - -

フィリピンのオンライン留学(英語)

フィリピンの国旗・風景

フィリピンの特徴・メリット

フィリピンのオンライン留学のメリットは「マンツーマン授業」です。アメリカ、イギリス、カナダのオンライン留学はグループ授業が中心となります。

マンツーマン授業は発言回数が多くなるため、スピーキングや英会話のレッスンに適しています。また授業はフィリピン人の先生が担当となりますが、常夏のお国柄、明るく陽気な先生たちが多いという特徴も見られます。アメリカ、イギリス、カナダの先生に比べ、話すスピードもゆっくりな傾向があります。

またアメリカ、イギリス、カナダのオンライン留学が一日1〜3時間のレッスン時間に対して、フィリピンでは「4〜6時間」勉強できるプログラムがあります。マンツーマンで英会話を伸ばしたい初心者の方、短期集中でみっちり勉強したい方にはフィリピンがおすすめです。

フィリピンの費用例

フィリピンのオンライン留学は、レッスン時間が豊富な集中型が多く「2週間〜2ヶ月」の受講がおすすめです。高校生や大学生はもちろん、時間に限りがある社会人からも人気があります。ここでは2週間、1ヶ月、2ヶ月の費用例を紹介します。

フィリピン
受講期間2週間
1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン)
入学金10,000円
学費45,000円
合計55,000円(税込)
フィリピン
受講期間1ヶ月
1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン)
入学金10,000円
学費80,000円
合計90,000円(税込)
フィリピン
受講期間2ヶ月
1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン)
入学金10,000円
学費150,000円
合計160,000円(税込)

オンライン留学(フィリピン)のおすすめ英語プログラム

カナダのオンライン留学(英語)

カナダの国旗・風景

カナダの特徴・メリット

カナダのオンライン留学のメリットは「多国籍レッスン」です。フィリピンはマンツーマン中心のため、一部のグループ授業を除き先生以外とのコミュニケーションはありません。しかしカナダのオンライン留学には世界中の人々が参加しています。

例えば、カナダ最大級の英語学校であるILAC(アイラック)のオンライン留学には、世界70カ国以上から生徒が参加しています。受動的なグループ授業のみならず、クラスメイトと一緒に課題を進めるグループワークが実施されており、生徒同士の交流を深めることができます。

またオンライン上で「アクティビティ」が実施されているのもカナダの特徴です。ヨガ、ダンスなど、ZoomやInstagramを活用したアクティビティが開催されており、生徒は自由で参加することができます。

将来の欧米留学を控える方はもちろん、世界の人々と国際交流をしたい方、本格的な英語レッスンを希望する方にはカナダがおすすめです。

カナダの費用例

カナダのオンライン留学は、グループ授業が中心となるため「1ヶ月〜」の受講がおすすめです。ここでは1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の費用例を紹介します。

カナダ
受講期間1ヶ月
1日のレッスン時間1回45分 × 4コマ(グループ)
入学金10,000円
学費55,000円
合計65,000円(税込)
カナダ
受講期間2ヶ月
1日のレッスン時間1回45分 × 4コマ(グループ)
入学金10,000円
学費110,000円
合計120,000円(税込)
カナダ
受講期間3ヶ月
1日のレッスン時間1回45分 × 4コマ(グループ)
入学金10,000円
学費165,000円
合計175,000円(税込)

オンライン留学(カナダ)のおすすめ英語プログラム

イギリス・アメリカのオンライン留学(英語)

アメリカとイギリスの国旗・風景

イギリス・アメリカの特徴・メリット

イギリス・アメリカのオンライン留学のメリットは「豊富なプログラム設定」です。フィリピンのオンライン留学は、主にスピーキングや英会話に強みがありますが、イギリス・アメリカのオンライン留学では(カナダも同様)TOEFL、IELTS、Cambridge、SAT、大学進学などのプログラムが充実しています。

またイギリスのオンライン留学では本場イギリスから、アメリカのオンライン留学では本場アメリカの講師から、レッスンを受けることになるので、ネイティブの発音や表現を学びたい方にもおすすめです。

カナダと同様、オンライン上のアクティビティが豊富な点も特徴です。例えば、アメリカで32年の歴史を持つ英語学校「FLS International」では、月〜土まで毎日バーチャルアクティビティが実施されています。映画鑑賞、料理、ヨガなど様々なアクティビティを通じた国際交流が期待できます。

イギリス・マルタで29年間の実績を誇る「EC English」には、1,500以上の教材が揃った自習システムなど、授業外のサービスも充実しています。本場仕込みのオンライン留学を希望する方にはイギリス・アメリカがおすすめです。

イギリス・アメリカの費用例

イギリス・アメリカ
受講期間1ヶ月
1日のレッスン時間1回45分 × 2コマ(グループ)
入学金5,000円
学費50,000円
合計55,000円(税込)
イギリス・アメリカ
受講期間2ヶ月
1日のレッスン時間1回45分 × 2コマ(グループ)
入学金5,000円
学費97,000円
合計102,000円(税込)
イギリス・アメリカ
受講期間3ヶ月
1日のレッスン時間1回45分 × 2コマ(グループ)
入学金5,000円
学費144,000円
合計149,000円(税込)

オンライン留学(イギリス)のおすすめ英語プログラム

オンライン留学(アメリカ)のおすすめ英語プログラム

韓国のオンライン留学(韓国語)

韓国の国旗・風景

韓国の特徴・メリット

オンライン留学は英語だけではありません。韓国の語学学校にも「韓国語」を学べるオンラインプログラムがあります。英語圏と比較すると、学校数は少ないものの「マンツーマン」「グループ」どちらもあるのが特徴です。

主にマンツーマンの韓国語プログラムでは、自分の希望に沿ったオーダーメイドに近い形でレッスンを受けることができます。会話はもちろん「1:1」で基礎から学ぶことができるので、韓国語初心者の方にもおすすめです。

一方、グループの韓国語プログラムでは、発音、会話、読み取り、書き取り、TOPIK(韓国語能力試験)、大学進学などの科目ごとの授業を受けることができます。一日3〜5時間のレッスンが一般的で、将来を見据えて韓国語を勉強したい方におすすめです。

社会人・学生向けの「週末だけ」受講できるプログラムもあり、日本との時差がない韓国はオンライン学習の相性も良いとされています。

韓国の費用例

韓国
受講期間1ヶ月
1日のレッスン時間3時間(グループ)
入学金5,000円
学費50,000円
合計55,000円(税込)
韓国
受講期間2ヶ月
1日のレッスン時間3時間(グループ)
入学金5,000円
学費100,000円
合計105,000円(税込)
韓国
受講期間3ヶ月
1日のレッスン時間3時間(グループ)
入学金5,000円
学費150,000円
合計155,000円(税込)

オンライン留学(韓国)のおすすめ韓国語プログラム

オンライン留学(年齢別)

オンライン留学は年齢とわず、すべての世代の方が参加しています。しかしグループ授業が中心の学校では「年齢制限」があったり、他国の生徒さんも授業に参加しています。ここでは世代別のおすすめ方法をご紹介します。

小学生

小学生のオンライン留学ではマンツーマン授業のみを提供している学校がおすすめです。欧米の語学学校はグループ中心となるため、年齢制限がある学校も多くなっています。

一方、フィリピンの語学学校が提供する英語レッスンは「マンツーマン」が中心です。途中でお子さんの集中力が続かなくても、本人のペースで進めることができます

まずは英語と触れ合う習慣を作ることを目指しましょう。お子さん、親御さん、先生の3人で一緒に受講できる点もマンツーマンのメリットです。

1日1コマ・マンツーマン授業を「学校終わり」に受講する

平日の学校終わりに、毎日50分のマンツーマン授業を受講するプログラムです。フィリピンのオンライン留学には「キッズ向けプログラム」があります。

毎日塾に通うようなイメージで1日1コマ、長期的にレッスンに取り組むことで、英語の基礎力を身につけます。時間帯を「オーダーメイド」で組めるプログラムもあるため、学校の帰宅時間や夕食後の時間帯に合わせることもできます。

レッスン予約が必要なオンライン英会話とは異なり、同じ時間にレッスンが実施されるオンライン留学は、勉強を習慣化しやすいという利点があります。

夏休み・小学生向け「短期プログラム」に参加する

オンライン留学では夏休みを中心に、小学生向けの短期プログラムが実施されています。1〜2週間のものが多く、子供向けになっているため初めての方でも安心です。フィリピンではマンツーマン中心、欧米(カナダ、アメリカ、イギリス)では多国籍なグループレッスンの夏期プログラムが中心です。

中学生・高校生

中学生〜高校生のオンライン留学では、自身の英語レベルから考えてみましょう。これから勉強を始める方は、マンツーマン授業で基礎から学ぶことをおすすめします。平日1〜2時間の夜間プログラムでれば、塾に近い形で参加できます。

すでに中級レベル以上の方は、欧米の語学学校が提供するグループ授業の参加もおすすめです。カナダやイギリスのグループ授業には世界中から生徒が参加しています。オンライン上でもグローバルなコミュニケーション機会を作ることができます。

1日1コマ・マンツーマン授業を「夜」に受講する

学校から帰宅後の夜に、毎日50分のマンツーマン授業を受講するプログラムです。フィリピンのオンライン留学は英語塾とは異なり、より実践的な会話レッスンが展開されます。

中高生の時期から、他国の先生と毎日コミュニケーションを取ることは、グルーバルな視野を養うことにも繋がります。オーダーメイドで時間帯を決めるプログラムもあり、夜の好きな時間帯に合わせることができます。

夏休み・冬休みの「短期プログラム」に参加する

夏休み、冬休みの短期集中プログラムも人気があります。フィリピンの英語プログラムは年齢制限がないため、ほとんどのプログラムに参加できます。また欧米(カナダ、アメリカ、イギリス)では、夏期や冬期に実施される中高生向けのプログラムがおすすめです。

弊社では私立学校法人の団体実績も豊富で、これまで多くの中高生の方にプログラムを受講いただいております。お気軽にご相談ください。

大学生

大学生のオンライン留学では、英会話はもちろん「TOEIC」や「IELTS」の資格プログラムも人気があります。国内の語学スクールと異なる点として、オンライン留学は英語を英語で学ぶことになります。資格のテクニック対策のみならず、レッスンを通じて会話スキルも身に付けることができます。

夏休み・春休みの「短期プログラム」に参加する

大学生の方にも夏休みや春休みの「短期プログラム」がおすすめです。休み期間が長いこともあり「2週間〜1ヶ月」の英語プログラムが人気となっています。

マンツーマンで会話中心に学びたい方はフィリピン、多国籍なグループ授業で国際交流を目指したい方は欧米のオンライン留学がおすすめです。欧米(カナダ、イギリス、アメリカ)は、オンライン上のアクティビティも豊富で他国の生徒との交流が期待できます。

将来の留学(ワーホリなど)に向けた事前レッスン

将来の海外渡航を控える方にとっても、オンライン英語プログラムは人気があります。フィリピンのプログラムは、マンツーマン中心のため、これから英語を始める初心者の方でも安心して取り組むことができます。また新型コロナの影響で留学自体を断念した方には、欧米(カナダ、イギリス、アメリカ)のオンライン留学もおすすめです。海外渡航なしでできる国際交流の方法です。

一発逆転を目指したオンライン留学

オンライン留学は、大学を休学した方や辞めた方からも人気があります。とりわけ「長期」で取り組む方法がおすすめです。オンライン留学は日常会話のみならず、TOEIC、TOEFL、IELTS、Cambridgeの試験プログラム海外の大学進学プログラムも充実しています。長期的なステップアップで、将来の就職活動に繋げたい方、海外の大学進学を目指したい方におすすめです。

社会人

オンライン留学で最も参加者が多いのが「社会人」です。受講者の平均年齢は「27.4歳」と、特に20代〜40代の社会人に人気があります。仕事を続けながら参加できるプログラムから、転職を機に取り組むプログラムまで、幅広いニーズに対応できる点もオンライン留学の特徴です。

転職を機に「集中プログラム」に挑戦する

社会人の方にとって、仕事を続けながら一日3〜5時間も勉強することは至難の技。しかし仕事を辞めてから転職が決まるまでの間は、唯一、勉強時間を取り戻せる時期と言えます。

例えば、フィリピンの「2ヶ月」のオンライン留学は、週1回の英会話スクール「4年分」のレッスン時間に相当します。英語コーチングサービスよりも費用が安価で、比べ物にならないほどのレッスン時間が確保されています。実践的な日常会話から、TOEIC、IELTS、ビジネス英語プログラムまで幅広いニーズに対応しています。

平日「21時〜」の1コマを習慣化する

仕事を続けながら「夜間プログラム」に参加する方法も人気があります。欧米(カナダ、イギリス、アメリカ)の英語プログラムは時差の関係から、夜間に実施されているものも少なくありません。

フィリピンのオンライン留学では、時間帯をオーダーメイドできるものあるため、20時〜、21時〜、22時〜などライフスタイルに合ったプログラムを受講できます。毎回予約が必要なオンライン英会話よりもレッスンの義務感があるため、続けやすいという利点があります。

土日や休暇で「短期プログラム」に参加する

お盆やGWなどで参加する「1〜2週間」の短期プログラムも人気です。貴重な休みを使うことになるため、英語に対する目的意識が高い社会人の方から人気があります。ビジネス英語プログラムを持っている学校も多く、中級者以上の方にもおすすめです。

オンライン留学のプログラムの中には「土日集中レッスン」を受講できるものもあり、働きながら英語を伸ばしたい社会人の方にも人気があります。

企業・学校法人

オンライン留学は「企業の英語研修」や「学校法人」の英語プログラムとしても導入されています。独自の企画や研修スケジュールに組み込んだオンラインレッスンのご提案が可能です。世界の語学学校が提供する高品質な語学プログラムを是非ご活用ください。

オンライン留学にかかる費用

オンライン留学にかかる費用は「プログラム」と「期間」によって決まります。また学校によって「入学金」がかかることがあります。

目安としては、1週間(15,000円〜60,000円)1ヶ月(50,000円〜120,000円)が相場です。費用が異なるのは主に「レッスン時間」の違いとなります。1日5時間のレッスンを受講できるプログラムは高く、2時間のプログラムは安い費用が設定されています。また「マンツーマン」か「グループ」かによっても費用の違いがあります。

入学金がかかる学校では「10,000〜20,000円」が相場となりますが、そこには「教材費」や「システム料」が含まれています。ほとんどの場合「税込」で表記されています。

フィリピン(1週間)の費用例

1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン
レッスン合計約16時間
入学金10,000円
学費25,000円
合計35,000円(税込)

フィリピン(2週間)の費用例

1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン
レッスン合計約33時間
入学金10,000円
学費45,000円
合計55,000円(税込)

フィリピン(1ヶ月)の費用例

1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン
レッスン合計約66時間
入学金10,000円
学費80,000円
合計90,000円(税込)

フィリピン(2ヶ月)の費用例

1日のレッスン時間1回50分 × 4コマ(マンツーマン
レッスン合計約133時間
入学金10,000円
学費150,000円
合計160,000円(税込)

\ 週1回の英会話スクール「3年4ヶ月分」のレッスン時間に相当! /

カナダ(1ヶ月)の費用例

1日のレッスン時間1回45分 × 4コマ(グループ
レッスン合計約60時間
入学金10,000円
学費55,000円
合計65,000円(税込)

カナダ(2ヶ月)の費用例

1日のレッスン時間1回45分 × 4コマ(グループ
レッスン合計約120時間
入学金10,000円
学費110,000円
合計120,000円(税込)

カナダ(3ヶ月)の費用例

1日のレッスン時間1回45分 × 4コマ(グループ
レッスン合計約180時間
入学金10,000円
学費165,000円
合計175,000円(税込)

オンライン留学の口コミ

オンライン留学の受講者の方から口コミを集めてみました。集計期間は「2020年7月1日〜9月10日」です。この時期に当社のオンライン留学に参加いただき、その中から回答いただいた20名の口コミとなります。

当記事にて紹介している口コミは、その中から一部を転載したものになります。オンライン留学の検討で、悩まれている方のヒントになれば嬉しく思います。

オンライン留学の満足度は?

まずは口コミ回答者(20名)の方によるレッスン修了後の評価をご紹介します。全体の満足度は、以下のような結果となりました。

オンライン留学の口コミデータ

非常に満足(50%)、満足(30%)、やや満足(15%)、やや不満(5%)

幸いなことに当社からオンライン留学に参加いただいた「95%」は「やや満足」以上の回答となりました。一方で「やや不満」が「5%」となっています。

現時点では20名からの口コミとなりますので、やや不満(5%)を選ばれたのは「1名」となります。一般英語ではなく、TOEFL(iBT)を受講され、リスニング、スピーキングの授業には満足されたものの、リーディングやテキストを使ったレッスン評価が低いという結果となりました。

オンライン留学で「英語」は伸びた?

10代・女性

全体的に伸びたと思います。特にリスニング力が先生との会話を通して大いに高まったと感じています。また、慣れなかったスピーキングも、講師の方が上手に話を引き出してくださり、自然に英語を使って会話することができたと思います。

20代・女性

授業レベルや目的を日本人カウンセラーと現地の先生と共有し合って、レッスンの要不要を話し合いながら、自分に合ったプログラムを作っていけたことはとてもよかったと思います。前半2コマはスピーキングと文法、後半2コマはスピーキングや発音、シャドーイング、エッセイ添削、口頭でのディベートといった構成でした。英語を話すことが習慣化したことで、緊張や不安も減って、積極的に話せるようになったことも大きな収穫です。

40代・女性

1日8時間1週間続けて英語を聞き続けたことでヒアリング力が伸び、発音がよくなった。日本の店に行っても思わず、英語が口をついて出てきそうになった。仕事の都合でたった1週間のオンライン留学だったが、本当は1ヶ月以上できればさらに英語力が向上したと思う。

10代・男性

IELTSのスコアがかなり上がったと思う。スコアが4から、5.5/6.0くらいに伸びた。ライティングなど独特の書き方を丁寧に説明してもらい力をつけることができた。

10代・女性

わからない事はわからないと積極的に質問して、どんどん英語で会話するといいと思った。

オンライン留学の英語の伸びについて、最も目立った口コミは「リスニング」と「スピーキング」です。

その理由は、オンライン(ビデオ)コミュニケーションの特性にあると考えます。

例えば、カフェで友人とお茶をしているシーンを思い浮かべてみてください。時たま二人の会話が重なり合いながらも、比較的早いテンポで会話が進行することがイメージできます。対面で話す時は、相手の「ジェスチャー」や「表情」もクリアなため、それらが会話の内容を補完することがあります。

しかしオンライン(ビデオ)はそうではありません。基本的にどちらかが話してどちらかが聞くという、一方通行の往復になりやすいという特徴があります。相手の表情やジェスチャーも、対面より見えにくい環境です。

結果的に対面レッスンよりも、相手の言葉にしっかり耳を傾けることになり、話す時も自分の言葉を明確に伝える必要があります。笑顔と相づちで会話を流すことはできません。その点がオンライン留学の一番のメリットであり、リスニングとスピーキングが伸びやすい理由と考えられます。

このようにオンライン留学は、リスニング、スピーキング、発音を中心とした英会話、ビジネス英会話、IELTS(特にリスニング、スピーキング)との相性が良く、逆に単語文法を覚えることや、テキスト問題を解くなどのインプット作業との相性は良くありません。

一人でできる勉強は自習で済ませ「聞く・話す」に重点を置いた実践型レッスンこそ、オンライン留学の活用方法と言えそうです。

英会話スクールを検討している方も、是非オンライン留学を検討してみてください。笑顔と相づちでは逃れられない本気のコミュニケーションを練習できます。

オンライン留学の「失敗談」や「アドバイス」は?

10代・女性

最初、全然自分から話かけにいけなかったなかったことです。2週間しか受講していない分、最初から自信を持って話しかけに行けばよかったなぁと思いました。自分の持っている英語力を使って精一杯話しかけにいってみてください。先生方は必ず答えてくれます。

40代・女性

文法用語を事前に完璧に覚えていなかったので、内容に入る前に時間を取られてしまった。

20代・男性

もっとたくさん質問しておけば良かったと思う。毎回の授業後の復習をしっかりとおこなって、毎回知識を定着させることが大切。

30代・女性

自分から話さないと、先生が一方的に話すだけになってしまうので、話に割り込むぐらいの勢いで自分も発言すれば良かったです。

10代・女性

イヤホンを使った方が聞き取りやすかった。普通にやっても良かったが、あった方がよりしっかりと聞き取れました。

60代・男性

先生から毎日出されるレポート形式の宿題は大変良かった。日々苦労しながら自分で調べて何度も書き直して提出したものを、翌日先生が一番にチェックして添削しフィードバックをしてくれることで、自分のミスに気付き修正ができた。

オンライン留学の失敗談で目立った口コミは「積極性」と「自習」です。

とくに積極性は多くの口コミで散見され、失敗を恐れず自分から話そうとする勇気こそが、スピーキングの向上に繋がると言えそうです。

初心者の方であっても、使える単語や文法、フレーズを頑張って繋げてみましょう。先生は初心者に教えることを仕事としているので、間違えを恐れる必要はありません。

データまではないものの、実際の留学生活でも相手に伝えようとする「積極性」とスピーキングの伸びには相関が見られます。例えば、留学先で外国人の彼氏彼女ができた人の英語習得スピードは猛烈です。

講師は彼氏彼女ではないものの「積極的に言葉を伝えようとする姿勢」を持つことが大切という点に変わりはありません。

またもう一点が「復習」や「予習」です。通常の留学でも同じことが言えますが、インプット学習は自分でこなし、レッスンをどれだけ実践の場にできるかがポイントです。文法、語彙、英現は自分で勉強し、レッスンはアウトプットを中心に取り組むことで、オンライン留学の効果を高めることができます。

オンライン留学のおすすめ期間

オンライン留学は最初に「開始日」と「期間」の2つを決める流れとなります。例えば、4月1日から「2週間」というような決め方です。

月曜日開始、金曜日修了という学校が多く、2週間の場合、4月1日(月)に入学、4月12日(金)に卒業というようなスケジュールとなります。

おすすめの期間は、受講生の方によって異なります。例えば、春休みや夏休みなどまとまった自由時間がある学生さんは、1日4時間のプログラムを「2〜3週間」短期集中で受けるという方法がおすすめです。

働いている社会人の方は、毎日100分(2コマ)の夜間プログラムを「2〜3ヶ月」長期的に取り組むという方法もおすすめです。1日のレッスン時間が長いプログラムほど「短期集中」、時間が短いプログラムは「長期」で受講する方が多くなっています。

スケジュール例

オンライン留学の手続き

オンライン留学の手続きは「オンライン」で申し込むのが一般的です。当サイトで紹介している料金表でも費用明細が分かりますが、申し込みをする前に「無料見積り」を取るのが一般的となっています。以下の5つのステップが主な手続きの流れとなります。

オンライン留学を提供する語学学校は、世界中で増えてきており「学校選び」に悩む方も少なくありません。

セブ島留学センターでは、フィリピンを中心に世界中のオンライン留学を取り扱いを開始しています。プロの専門家による学校の選びのアドバイスをおこなっておりますで、お気軽にご相談ください。

オンライン留学の準備

学校を決めた後のオンライン留学の準備は、とてもシンプルです。以下の4つのものが必要となります。

  • パソコン / スマートフォン
  • PCマイク / イヤホン
  • アプリケーション(Skype・ZOOMなど)
  • インターネット環境

パソコン / スマートフォン

オンライン留学のレッスン受講には、デバイス(PCやスマートフォン)が必要です。スマートフォンでも受講できますが、文字を読むこともあるため、パソコンやタブレットなど大きい画面を持つデバイスがおすすめです。

もしカメラが内蔵されていないパソコン(デスクトップなど)を利用する場合、別途カメラが必要となります。外部接続できるWebカメラを準備しておきましょう。カメラが搭載されているノートパソコンや、スマートフォン、タブレットではWEBカメラの準備は不要です。

PCマイク / イヤホン

レッスン受講には「音声入力の機器」も必要です。スマートフォンやタブレットであれば「マイク付きイヤホン」、パソコンの場合は「マイク付きイヤホン」または「PCマイク + スピーカー」の組み合わせを準備しておきましょう。

スマートフォンやタブレットでは「スピーカー機能」でも受講できますが、雑音が入る場所ではイヤホンの利用がおすすめです。

セブ島留学センターのアドバイザーたちも、普段の業務の中で「マイク付きイヤホン」や「PCマイク」を使っています。設定方法が分からない場合もお気軽にご相談ください。

アプリケーション

オンライン留学のレッスンは、学校側が指定する「Webアプリケーション」を使って実施されます。Skype(スカイプ)やZOOM(ズーム)が最も利用されていますが、学校によっては独自開発されているシステムを使う場合もあります。

どの学校でもレッスン前にアプリケーションのダウンロード指定があるので、アプリを持っていない方は事前にダウンロードしておきましょう。

インターネット環境

上記でご紹介したようなアプリケーションの利用には、インターネット環境が必須となります。毎日繰り返しレッスンを受けることになるため、データ容量もそれなりの余裕が必要です。

例えば、オンライン英会話でもよく利用される「Skype」のビデオ通話では、1時間あたり「約120MB」が消費されます。「約8時間」で1GBを使う計算になるため、ギガ制限をかけている方は注意が必要です。

オンライン留学カウンセリングを実施中!

セブ島留学センターでは対面のみならず、全国どこからでもオンラインで留学の相談を承っております。

LINE、Skype、Zoomなどを使ったオンライン相談が可能となっておりますので、お気軽にご相談ください。また従来通り「電話」や「LINEチャット」でのご相談もお受けしております。

\オンラインで「自宅から」無料相談!/

コロナ対策としてのオンライン留学

オンライン留学には様々な活用法がありますが、最も注目されているのが「コロナ対策」としての活用です。

現時点(2020年10月)では新型コロナウイルスの影響で海外留学が難しい状況にあります。オンライン留学はコロナの感染を恐れることなく、自宅から世界水準の英語レッスンを受けることができます。またコロナの感染リスクが高い密な環境を避けながら、オンライン上で国際交流ができる点もポイントです。

コロナの影響で2020年度の留学を諦めてしまった方、渡航時期を延期した方にとっても、オンライン留学は代替え案となっています。

またアフターコロナの時代においても、オンライン留学を使えるポイントがあります。例えば、渡航前の事前英語レッスンや、滞在中の追加レッスンとしての活用が考えられます。

オンライン留学はコロナ対策から生まれた新しい留学のカタチですが、アフターコロナの世界では、オンラインとオフラインを組み合わせた留学が定番となるかもしれません。

その他の活用方法

オンライン留学の活用例

渡航費や生活費を抑えたい方

海外留学には「渡航費」や「生活費」もかかるため、勉強以外の費用も大きくかかります。しかしオンライン留学であれば、渡航に必要な航空券や旅行保険を節約できます。

自宅にいならがらでも、しっかり勉強できる「オンライン留学」は、本気で語学を勉強したい方におすすめです。

留学前の事前勉強として

オンライン留学は、未来の海外渡航を控えた「事前勉強」にも役立ちます。語学レッスンに慣れておくことで、現地に到着してから慣れた状態でスタートダッシュを切ることができます。

1日の時間が取れない方は、午後や夜間だけのプログラムもおすすめです。期間は「1週間単位」で調整できるため、出発前に1週間、2週間だけといった受講も可能です。

帰国後の学習継続として

留学からの帰国後や海外生活を続けながら、語学レッスンを継続させたい方にもおすすめです。

留学からの帰国後、勉強を継続できない人は少なくありません。帰国後の一定期間をオンライン留学に移行することで、日本でも勉強の習慣を作っていくことができます。

欧米留学の追加レッスンとして

オーストラリアやカナダの英語学校では「午前レッスンのみ」というプログラムが少なくありません。またグループ授業がメインとなるため、発言回数もなかなか増やすことができません。

そこでおすすめの活用法が、午後や夜間に「オンライン留学」を加えることです。午前では欧米の語学学校で勉強、午後にオンラインのマンツーマン授業をこなすことで、学習時間を増やすことができます。

オンライン留学の記事一覧

この記事を書いた人:山田 貴大
フィリピン・セブ島専門の留学サービス「セブ島留学センター」の代表。関西大学在学中に6ヶ月のセブ留学を経験。2012年に事業設立。これまで80校を訪問し、約3,000名の留学生のお手伝いをさせていただきました。