【1ヶ月留学】セブ留学にかかる費用

1ヶ月費用のイメージ画像 1ヶ月のセブ留学を検討する方にとって「費用がいくらかかるのか?」は気になるところ。この記事では、1ヶ月留学を検討する方に向けて、学校による費用の違いや節約方法を紹介しています。

1ヶ月のセブ島留学にかかる費用

1ヶ月のセブ留学にかかる平均的な費用例

留学プロフィール(1)
学校 Cebu Blue Ocean
部屋タイプ 3人部屋
コース General English(一般英語)

費用の例

日本で支払った費用
入学金 15,000円 学校指定金
学費・寮費 164,000円 食費、洗濯、掃除サービス含む
フィリピンで支払った費用
教材費 2,000円 学校オフィスで購入
電気・水道代・管理費 5,000円 メーター清算
SSP費用 14,000円 就学許可証
空港出迎え 1,000円 セブ空港 → 学校
学校以外にかかった費用
航空券 50,000円 往復の費用
海外旅行保険 13,000円 インターネット保険で費用を抑えた
生活費 35,000円 外食のお小遣い、タクシー代など
合計:299,000円

セブ留学の平均的な目安として、1ヶ月「300,000円」というラインがあります。学費・寮費は複数人部屋で「140,000円~170,000円」ですが、SSP(就学ビザ)や旅行保険など、見落としがちな費用もあります。また食費は含まれることが多いですが、週末など外食時のお小遣いも必要となります。すべての費用を合算した時に、30万円を下回ることができれば節約上手と言えます。

1ヶ月の費用が高い例

留学プロフィール(2)
学校 MBA(オリジナル校)
部屋タイプ 1人部屋(スタンダード)
コース ビジネスマンツーマン

費用の例

日本で支払った費用
入学金 18,000円 学校指定金
学費・寮費 267,000円 洗濯、掃除サービス含む
フィリピンで支払った費用
電気・水道代 5,000円 メーター清算
SSP費用 14,000円 就学許可証
空港出迎え 3,000円 セブ空港 → 学校
学校以外にかかった費用
航空券 50,000円 往復の費用
海外旅行保険 13,000円 インターネット保険で費用を抑えた
生活費 55,000円 食費、タクシー代など
合計:425,000円

「社会人特化」や「専門コース」を取り扱う学校は料金が高くなる傾向にあります。またセブ留学の「1人部屋」は費用が上がる要因になります。しかし目的に沿った学校・コースであれば、料金が高くてもしっかりと費用対効果が見込めます。留学目的に明確にし、条件を満たす学校を選びましょう。

満足度が高いおすすめ学校

1ヶ月の費用が安い例

留学プロフィール(3)
学校 3D Academy
部屋タイプ 6人部屋(内部寮)
コース ESLコース

費用の例

日本で支払った費用
入学金 15,000円 学校指定金
学費・寮費 114,000円 食費、洗濯、掃除サービス含む
フィリピンで支払った費用
教材費 2,000円 学校オフィスで購入
電気・水道代・管理費 4,000円 メーター清算
SSP費用 14,000円 就学許可証
空港出迎え 0円 無料送迎サービス
学校以外にかかった費用
航空券 50,000円 往復の費用
海外旅行保険 13,000円 インターネット保険で費用を抑えた
生活費 35,000円 外食のお小遣い、タクシー代など
合計:202,000円

「4人部屋」や「6人部屋」がある学校は、費用の節約を目指せます。また格安航空券を見つけたり、旅行保険をクレジットカードの付帯保険にするなどの工夫次第で、1ヶ月10万円台のセブ留学を目指すこともできます。

費用が安いおすすめ学校

1ヶ月のセブ留学の費用を節約する方法

4人部屋・6人部屋で費用を節約する

セブ留学の費用に大きく関わるのが「部屋タイプ」です。セブの語学学校には、1人部屋~6人部屋までの滞在施設があります。例えば、6人部屋を持つ3校の学費平均は「117,000円/月」です。(航空券、現地費用等を除く)一方で、1人部屋の平均は「200,000円」で、その差は「83,000円」となります。これは日本-セブの往復航空券を購入できる十分な金額です。どうしても「1人部屋」希望という方は難しいですが、予算オーバーの時は、4人部屋、6人部屋も検討してみましょう。

航空券のプロモーションを狙って節約する

海外旅行に慣れている方は、LCC(ローコストキャリア)を利用で、費用を削減できることがあります。LCCとは、格安航空会社のことで、日本からフィリピンへの定番LCCは「バニラエア」や「セブパシフィック航空」です。特にセブパシフィック航空は、プロモーションを実施していることも多く、運が良いと3万円台で往復航空券を取ることができます。

またプロモーションがなくても「経由便」を使うことで節約できるケースがあります。例えば、フィリピン首都のマニラや香港、韓国経由の便で安い航空券が見つかります。

航空券は、観光シーズンであるゴールデンウィークやお盆、年末年始の時期に最も高くなります。特にセブまでの直行便は高騰しやすいため、早めに航空券を準備するか、経由便で費用を抑えましょう。

学校キャンペーンを狙って節約する

一般的にセブの語学学校の価格は、一年間を通して同じです。しかし留学のオフシーズンになると、各学校のキャンペーンが出回り、安く留学できることがあります。例えば「10月~12月」やGWを除く「4月~6月」などです。この時期の留学を検討している方は、キャンペーンを狙うことができます。

一方で残念ながら「2月~3月」「7月~9月」のピークシーズンは、あまりお得なキャンペーンは出回りません。この時期を検討する方は、航空券や部屋タイプなど、他の方法での節約を目指しましょう。

クレジットカードの付帯保険で保険料を0円にする

セブ留学の費用における意外な盲点が「海外旅行保険」です。海外旅行保険は、現地でトラブルに見舞われた時に生じた金銭的負担をカバーしてくれる保険です。例えば、留学中の病気やケガの治療費、持ち物が盗難にあった時の補償などが対象になります。最近ではインターネットで加入できる旅行保険の人気が高く、1ヶ月あたり「10,000~15,000円」が相場となります。

この保険料を節約する方法として「クレジットカードの付帯保険」を使う方法があります。クレジットカードの付帯保険とは、お手持ちのクレジットカードに旅行保険が付帯しているというものです。これを利用することで保険にかかる費用を0円にすることができます。

しかしクレジットカードの保険は、万が一の際に補償が足りないこともあるので注意が必要です。またクレジットカードの保険には「利用付帯」と「自動付帯」という条件があります。まずはお手持ちのクレジットカードの利用条件を確認してみましょう。セブ島留学センターでは、学校費用のみならず、全体的な節約をアドバイスさせていただきます。補償内容とリスクを理解しながら検討を進めましょう。

コース・カリキュラムの節約はおすすめしない

3ヶ月のセブ島留学にかかる費用の記事では、コース・カリキュラムでの節約も紹介しています。しかし1ヶ月留学では、コース・カリキュラムでの節約はおすすめしません。その理由としては、3ヶ月留学よりも時間が限られているためです。

学校によっては、授業数が少ない最安値コースがありますが、1ヶ月留学は時間の余裕がありません。そのため、より適切なコースを選び、集中的に勉強するのがおすすめです。しかし詰め込みすぎると、予習や復習の時間がなくなるという口コミも目立ちます。自分のペースを保ちながらも、勉強に集中できるコースを選びましょう。

期間短縮の節約もおすすめしない

どうしても予算内に収まらない場合に検討するのが「期間短縮」です。セブ留学は1週間単位で調整できるため、2週間、3週間という期間でも留学できます。しかし、1ヶ月(4週間)からの2週間は、勉強時間が半分(50%減)になってしまいます。同じ2週間でも、12週間から10週間に短縮するのとは異なります。

また2週間留学を経験した方の中には、1ヶ月行っておけば良かったという口コミも少なくありません。どうしても予算、スケジュールに制限がある方は、期間短縮も一つの方法ですが、まずは航空券や部屋タイプ、キャンペーンから節約を目指してみましょう。

セブ島留学(1ヶ月)の費用対効果は?

1ヶ月のセブ留学で「どれくらい成果を得ることできるのか?」という疑問を持つ方は少なくありません。1ヶ月の留学に行くと、どれくらいの効果が期待できるのでしょうか。

どのような人が1ヶ月のセブ留学に行くのか

まず最初に、どのような方がセブに留学しているのでしょうか。セブ島留学センターでは「夏休み、春休みの学生の方」や「転職前の社会人の方」が、1ヶ月留学に挑戦されています。

特に7月~9月にかけての夏休みや、2月~3月の春休みでは、1ヶ月という期間に人気があります。また転職前の社会人の方は、時期を問わず、1~3ヶ月の留学を検討される方が多くなっています。最近では英語に熱心な「親子留学の方」や「高校卒業後の留学」も増えています。

1ヶ月で英語が話せるようになるのか

多くの初級レベル(Beginner・Elementary)の方にとって、1ヶ月後の目標は「簡単な日常会話ができること」です。全くの初心者の方が、1ヶ月で流暢な英語を取得するには無理があります。しかし意思疎通を目標とした日常会話の習得は十分に目指すことができます。

1ヶ月留学で目指すことのできるTOEICスコアは「+50~+100点」と言われています。過去の事例では、たった1ヶ月で150点(640→790)を達成した方もいれば、遊びすぎて勉強が二の次になってしまった方もいます。留学先の学校はもちろん、勉強方法や本人のモチベーションによって差が生まれると言えます。

1ヶ月留学の効果を高める方法

セブ留学の一番の魅力は、先生とのマンツーマン授業です。せっかくの1対1の授業で、文法や単語を暗記していては時間がもったいないと言えます。文法や単語(日本で一人でもできること)は、留学前に済ませておくのがポイントです。

またセブ留学経験者のフィードバックに多いのが「積極的に発言すること」です。1対1のマンツーマン授業はもちろん、寮や外出中でも積極的にもコミュニケーションを取ってみましょう。間違った英語でも自信を持つことや、失敗を恐れずに発言することが大切です。

最後に、1ヶ月留学でも効果を期待できるおすすめ学校を紹介します。

1ヶ月のセブ留学におすすめの学校

CPI

CPI

CPI(シーピーアイ)は、韓国資本が運営する人気校です。セブ留学では平均的な価格帯ですが、費用以上に質の高い設備が期待できます。日本人比率を20~30%に制限しており、他国の留学生と交流したい方におすすめです。

Cebu Blue Ocean

Cebu Blue Ocean

Cebu Blue Ocean(セブブルーオーシャン)は、2001年から英語学校を運営してきたグループが、2015年に開校した新キャンパスです。海前のリゾート校の中で、高い講師レベルや安定した運営システムに定評があります。

QQ English シーフロント校

QQ English シーフロント校

QQ Englishは、オンライン英会話を運営する日系企業の学校です。シーフロント校はリゾート型のキャンパスで、プールやヴィラ風のカフェが目立ちます。セブの海を感じながら留学したい方におすすめです。

EV English Academy

EV English Academy

EV English Academy(イーヴィー)は、英語初心者の方に人気があります。15年以上の歴史がある老舗校には、日本人のみならず、他国からも留学生が集まっています。しっかり勉強したい方におすすめです。

3D Acadmy

3D Academy

3D Academyは、これまで6,000名の卒業生を輩出してきた日系の人気校です。業界の最安値水準で運営されています。市内の中心部にあるため、シティライフを満喫したい方にもおすすめです。

フィリピン・セブ島留学について
フィリピン・セブ島留学の費用まとめ

フィリピン・セブ島留学の費用

フィリピン・セブ島留学に必要な「留学費用」について紹介しています。

3ヶ月のセブ島留学にかかる費用

3ヶ月のセブ島留学にかかる費用

3ヶ月のセブ島留学に必要な「留学費用」について紹介しています。

フィリピン留学まとめ

フィリピン留学まとめ

最新のフィリピン留学を大調査!留学の評判や失敗談、フィリピン留学の効果や気になる費用について紹介しています。