【費用明細】2週間のフィリピン留学は「20〜30万円」かかる

2週間留学の費用

フィリピン留学を検討する際、最も気になることが「留学費用」ではないでしょうか。

留学経験者の実例から「2週間」にかかるフィリピン・セブ短期留学の費用について紹介していきます。

この記事で分かること

  • 2週間留学にかかる費用・内訳
  • 1週間、3週間との費用比較
  • 2週間留学におすすめの語学学校
(2023年9月22日更新)

2週間のフィリピン・セブ島留学は「20〜30万円」

2週間の費用は200,000円〜300,000円

2週間のフィリピン・セブ島留学は「20〜30万円」がかかります。

2週間留学の費用目安

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 9万 15万 20万
現地払い 2.5万 2.5万 2.5万
学校以外 8.5万 8.5万 8.5万
総額 ¥200,000 ¥260,000 ¥300,000

2週間留学の費用例(普通の学校)

日本払い
入学金 15,000円
学費・寮費 135,000円
現地(フィリピン)払い
SSP費用 16,000円
光熱費・管理費 6,000円
教材費 3,000円
学校以外にかかる費用
航空券 77,000円
海外旅行保険 8,000円
合計:260,000円

留学に必要な費用は、3つに分かれており「日本で支払う費用」「現地で支払う費用」「学校以外の費用」があります。

フィリピン留学に必要な費用は「3つ」

  • 日本で支払う費用
  • 現地で支払う費用
  • 学校以外の費用

日本で支払う費用

日本で支払う費用とは、フィリピン出発前に支払う費用のこと。

主に「入学金・学費・滞在費・食費」のことで、留学を紹介しているエージェント、旅行会社に支払います。

入学金 留学期間とわず「10,000〜20,000円」が相場です。
学費・滞在費 語学学校のメイン費用。期間、コース、部屋タイプの組み合わせで価格が決定します。
食費 多くの学校では、滞在費の中に「1日3食」の食費が含まれます。

ポイント

フィリピン留学の学費は、4週間ベースで計算されることが多く、2週間は、4週間価格の「60〜70%」に設定されていることが多いです。(短期の分、ちょっと割高になります!)

現地で支払う費用

現地で支払う費用とは、フィリピン到着後、学校へ納める費用のこと。

主に「ビザ代、電気代、教材費」があります。フィリピンペソ(現地通貨)で支払うのが一般的です。

SSP フィリピンで勉強するための就学許可証。15,000〜17,000円が相場になります。2週間留学では「滞在ビザ延長」「ACR I-Card」は不要です。
光熱費 光熱費は「メーター精算」が一般的です。2週間あたり「1,000円〜3,000円」が相場となります。
教材費 教材は、到着後の購入が一般的です。2週間あたり「1,000円〜3,000円」が相場となります

ポイント

支払い通貨は「フィリピンペソ」であることが多く、両替場所、為替レートに注目すると費用を抑えることができます。

学校以外の費用

学校以外の費用としては「航空券」、「海外旅行保険」が必要です。

航空券 日本とフィリピンの「往復航空券」またはフィリピンから他国に出国する航空券が必要です。
海外旅行保険 留学中のトラブルを補償してくれるのが海外旅行保険です。2週間の相場は8,000〜12,000円となります。クレジットカードの付帯保険を利用する方法もあります。
交通費 日本の空港までの交通費、フィリピンの空港と学校間の交通費がかかる場合があります。

2週間留学の費用目安

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 9万 15万 20万
現地払い 2.5万 2.5万 2.5万
学校以外 8.5万 8.5万 8.5万
総額 ¥200,000 ¥260,000 ¥300,000

1週間、3週間との費用比較

2週間留学を検討している方のなかには「1週間」や「3週間」も検討に入っているかもしれません。留学期間による費用の差をご紹介します。

1週間のフィリピン留学は「15〜25万円」

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 5万 10万 15万
現地払い 2.5万 2.5万 2.5万
学校以外 8万 8万 8万
総額 ¥155,000 ¥205,000 ¥255,000

3週間のフィリピン留学は「23〜38万円」

- 安い学校 普通の学校 高い学校
日本払い 10万 20万 27万
現地払い 2.5万 2.5万 2.5万
学校以外 9万 9万 9万
総額 ¥215,000 ¥315,000 ¥385,000

フィリピン・セブ島留学(2週間)の費用対効果は?

留学期間と英語力の目安

フィリピン留学において、一般的に言われている「英語力の伸び」をご紹介します。ここでは初級レベル(Beginner・Elementary)の方が留学した時の目安を取り上げています。

英語初心者の方が、2週間留学で得れる効果の目安は「限られた単語・表現を用いて、意思を伝えることができる」となります。

また短期留学の経験者から多い声としては「英語に対するモチベーション向上」や「勉強の習慣化」です。

数週間で会話をマスターするには無理がありますが、英語学習を自分の中に取り込み、これからの一歩を踏む出すという点で、短期留学は有効です。

留学期間 英語レベル・目安の成果
1〜2週間 レベル1:限られた単語・表現を用いて、意思を伝えることができる。
3〜4週間(1ヶ月) レベル2:限られた単語・表現を用いて、簡単な日常会話ができる。
5〜8週間(2ヶ月) レベル3:一般的な単語・表現を用いて、日常会話ができる。
9〜12週間(3ヶ月) レベル4:一般的な単語・表現を用いて、スムーズな日常会話ができる。
13〜16週間(4ヶ月) レベル5:専門的な単語・表現を用いて、限定的なビジネス会話、専門会話ができる。
17〜20週間(5ヶ月)  レベル6:専門的な単語・表現を用いて、簡単なビジネス会話、専門会話ができる。
24週間(6ヶ月以上) レベル7:専門的な単語・表現を用いて、ビジネス会話、専門会話ができる。

1週間、2週間、どっちがいい?

フィリピン留学は「1週間〜」行けるという点が魅力です。しかし実際のスケジュールとしては「日曜日IN」「土曜日OUT」が多いため、1週間留学はゆっくり過ごせる週末がありません

フィリピン祝日は授業が開講されないことがあるため、短期留学では「祝日の有無」も重要になってきます。

英語の伸びとしても「留学期間」と「英語力の伸び」は相関関係があるため、予算、スケジュールが合う限り留学期間は長い方がおすすめです。

どうしても「1週間」で留学したい場合「祝日の影響を受けない時期」や「月曜日から授業を開始できる学校」を選びましょう。

2週間留学におすすめの地域

フィリピン留学の人気地域は、1位「セブ島」、2位「バギオ」、3位「クラーク」です。4週間未満の短期留学では、日本から直行便がある「セブ島」がおすすめです。

近年「バギオ」の人気が高まっていますが、バギオはマニラ空港から5、6時間の陸路移動があるため、長期向けの学校が多くなっています。

クラークはマニラ空港から2、3時間と行きやすいため、短期留学では「セブ島」「クラーク」の地域がおすすめと言えます。

逆に、2〜3ヶ月以上の長期留学では「バギオ」も人気が高まっています。

2週間のフィリピン留学におすすめの学校

2週間留学は、祝日の影響を受けにくい学校、短期専用のカリキュラムを持っている学校がおすすめです。

エージェントは「セブ島留学センター」

セブ島留学センターは、創業12周年を迎えるフィリピン留学・セブ島留学の専門機関です。

2012年のサービス開始から「8,000名以上」の手配実績を誇ります。

安心して留学準備できるよう、経験豊富なサポートチームがお手伝いさせていただきます。

サービス一例

  • (1)語学学校の入学手続き(手数料無料)
  • (2)最新の入国準備をサポート
  • (3)留学ガイドブックをプレゼント
  • (4)現地サポート・緊急サポートに対応
  • (5)カナダ・オーストラリアへの二カ国留学
フィリピン・セブ島留学について
この記事を書いた人:山田 貴大
フィリピン・セブ島専門の留学サービス「セブ島留学センター」の代表。関西大学在学中に6ヶ月のセブ留学を経験。2012年に事業設立。これまで80校を訪問し、約5,000名の留学生のお手伝いをさせていただきました。