フィリピン留学・セブ島留学のビザについて

フィリピン・セブ島留学のビザ情報

フィリピン・セブ島留学に必要な「ビザ」について紹介しています。

この記事で分かること

  • フィリピン・セブ島留学のビザについて
  • ビザの費用目安

日本でのビザ手続き

フィリピン・セブ留学に行く際、事前の日本でのビザ手続きは「不要」です。

30日以内の観光を含め、語学学校への短期留学は「無査証滞在」に該当します。

ただし、無査証滞在(観光・商用目的での短期入国)は、以下の条件をクリアする必要があります。

無査証入国の条件(観光・商用目的)

国籍日本
ビザ種別FSC 90-13(30日間無査証短期滞在)
渡航目的観光(旅行、娯楽、訪問、語学学校の短期留学等)
商用(会議、ワークショップ、セミナー等)
滞在可能日数30日以内
パスポート(残存有効期間)6ヶ月以上(各国との相互協定に準拠)
パスポート(未使用査証欄)見開き 2ページ以上
航空券許可された滞在期間内にフィリピンを出国する航空券(往路の航空券のみでは入国不可)
ワクチン接種証明書不要

滞在可能日数

上記の渡航目的(観光・商用)であれば「30日」は無査証での入国、滞在が可能です。滞在期間が30日間を超える場合、入国後のフィリピン入国管理局にて滞在の延長申請が可能です。(語学留学の場合、学校による申請サポートが一般的)

9Aビザ(短期滞在ビザ)を申請するケース

上記の通り、日本国籍者がフィリピンに語学留学するケースでは、ビザ申請は不要です。しかし、国籍や状況によって「9Aビザ(短期滞在ビザ)」を事前申請するケースもあります。

9Aビザ(短期滞在ビザ)とは、最長59日まで滞在が許可される短期滞在ビザのことです。主に「観光目的」「ビジネス目的」で利用されます。

フィリピン留学では、以下のようなケースで利用されることがあります。

  • 中国国籍の方による語学留学
  • 台湾国籍の方による語学留学
  • 一部のビジネス目的を伴う語学留学

9Aビザ(短期滞在ビザ)の申請には、オンラインビザアプリケーションシステム(OVAS)の作成をはじめ、経済能力、職業を証明する書類が必要です。

ビザ以外の事前準備

  • (1)学校への入学申請
  • (2)パスポートの取得・更新
  • (3)航空券の購入
  • (4)海外旅行保険の加入
  • (5)e-Travel 登録等

フィリピンでのビザ手続き

フィリピン留学中は、滞在期間に応じたビザ手続きが「必要」です。

ただし語学留学では、各申請を学校側が代行するケースが多くなっています。

フィリピン留学中に必要なビザ一覧

  • SSP
  • ACR I-Card
  • 滞在ビザの延長
  • ECC
-有効期限費用目安再入国時
SSP6ヶ月(26週)6,800ペソ失効しない(転校時は再申請)
ACR I-Card1年間3,500ペソ失効する
滞在ビザ30日間(1回の申請あたり)3,000〜4,500ペソ失効する(再入国時は1日目〜カウント)

SSP

SSP(Special Study Permit)とは、フィリピンの語学学校で勉強するための「就学許可証」です。外国人がフィリピン国内で勉強するために必要なビザで、フィリピン留学において、SSPの取得は必須となります。

フィリピンの法律で取得が義務付けられているため、たとえ短期留学であっても、SSPの取得無しで授業を受けることは違法行為となります。

SSP申請には「パスポートのコピー」「証明写真」「費用(約15,000円~20,000円)」が必要です。一般的な語学学校では、学校側が申請をサポートします。

一度の登録で、59日間(ACR I-Cardとの申請で6ヶ月間)有効ですが、学校を変更すると再登録が必要となります。

SSP申請書

2024年以降、日本在住の中国国籍の方は無査証で入国された際、SSPの対象外(フィリピンでの就学許可が下りない)となったため、事前のビザ申請(9Aビザ)が必須となります。

ACR I-Card

ACR I-Cardとは、フィリピンに59日間以上滞在する場合に取得が義務付けられている「外国人登録証」です。

通常、2回目の滞在ビザ延長と同時に申請をおこないます。申請には「パスポート」「証明写真」「費用(約8,000円~10,000円)」が必要です。一般的な語学学校では、学校側が申請をサポートします。

ACR I-Card情報

学校の事務手数料、ビザの申請状況によって費用は異なります。通常、フィリピン入国管理局の案内に従って計算されます。

滞在ビザの延長

日本国籍者の場合、30日間は無査証入国(ビザ手続き不要)での滞在が許可されています。

30日を超える滞在の場合「滞在ビザの延長申請」が必要となり、申請時には「申請書(TVS-CGAF-VE-2016)」「パスポート」「費用」が必要です。

フィリピンを出国すると、それまでの延長は無効となり、再入国時には無査証入国に戻ります。

滞在期間 費用目安
4週間以下 不要(無料)
5週間~8週間 4,140ペソ(約11,100円)
9週間~12週間 9,550ペソ(約25,700円)
13週間~16週間 12,990ペソ(約35,000円)
17週間~20週間 16,430ペソ(約44,300円)
21週間~24週間 19,870ペソ(約53,600円)

学校の事務手数料、年齢、ビザの申請状況によって費用は異なります。通常、フィリピン入国管理局の案内に従って計算されます。

ECC

ECC(Emigration Clearance Certificate)は、フィリピンに6ヶ月以上滞在する方が、フィリピン出国時に提出する「出国証明書」です。

フィリピン出国前に、移民局に行き申請をおこないます。

申請には「パスポートのコピー」「証明写真」「ACR I-Cardのコピー」「ビザ延長申請時の領収書」などが必要です。6ヶ月目のビザ延長が完了していない場合、申請できないことがありますのでご注意ください。

ECC申請書

オーバーステイの罰金、再発行時の費用

ビザ期間を超えるオーバーステイ、ACR I-Cardの再発行には費用がかかります。

罰金は安く見えますが、オーバーステイのリスクは高く、不法滞在となる場合もあります。ビザ期限には十分に注意を払いましょう。

内容費用目安
オーバーステイに対する罰金500ペソ(1ヶ月あたり)
オーバーステイに対する再考申立て500ペソ+10ペソ
ACR I-Cardの再発行(59日以降の2回目の入国)250ペソ

フィリピン入国管理局(セブ地区事務所)

2024年1月8日(月)、セブ市ロビンソンズガレリアセブの3階のフィリピン入国管理局セブ地区事務所が、セブ市Gモールの2階に移転しました。

住所Gaisano Mall of Cebu (G Mall 2階)(A.Soriano Ave., Cebu City)
営業時間8:00〜17:00(月〜金)
電話番号032-345-6442(フィリピン国内から)
メールアドレスcebu.do@immigration.gov.ph

エージェントは「セブ島留学センター」

セブ島留学センターは、創業12周年を迎えるフィリピン留学・セブ島留学の専門機関です。

2012年のサービス開始から「8,000名以上」の手配実績を誇ります。

安心して留学準備できるよう、経験豊富なサポートチームがお手伝いさせていただきます。

サービス一例

  • (1)語学学校の入学手続き(手数料無料)
  • (2)最新の入国準備をサポート
  • (3)留学ガイドブックをプレゼント
  • (4)現地サポート・緊急サポートに対応
  • (5)カナダ・オーストラリアへの二カ国留学
フィリピン・セブ島留学について
この記事を書いた人:山田 貴大
フィリピン・セブ島専門の留学サービス「セブ島留学センター」の代表。関西大学在学中に6ヶ月のセブ留学を経験。2012年に事業設立。これまで80校を訪問し、約5,000名の留学生のお手伝いをさせていただきました。