セブ島留学の手続き

セブ島留学は、事前のビザ申請が一切不要です。6ヶ月+滞在日数分の有効期限が残っているパスポートがあれば、今週末からでも出発できます。

日本での手続き

1. 学校の登録

留学は人生におけるターニングポイント。英語学習はもちろん、留学でしかできない体験もたくさんあります。まずは、留学目的を明確にし、計画を立てることから始めてみましょう。セブ島留学センターでは、初めてのご相談から帰国まで「ずっとサポート」をおこなっております。

2. 航空券の準備

学校が決まった後は、フィリピンへの航空券を準備します。セブ島留学センターでは、航空券手配も承っておりますので、お気軽にご相談ください。ご自身での取得を希望する方は、格安航空券の取得方法をアドバイスさせていただいております。フィリピン留学で利用される航空会社には、直行便で「フィリピン航空」「バニラエア」「セブパシフィック航空」、乗継ぎ便で「大韓航空」「キャセイパシフィック航空」「アシアナ航空」などがあります。

3. 海外旅行保険の加入

海外でトラブルが起こった時に役立つのが旅行保険です。ケガや病気の治療はもちろん、持ち物の盗難が起こった時も補償の対象となります。セブ島留学センターでは、資格を持ったプロスタッフが、各保険の特徴を把握し、お客様にあった保険をご提案いたします。

具体的な準備手順については「入学までの流れ」のページをご参照ください。

フィリピンでの手続き

フィリピンでの手続きは不要!学校スタッフが申請をすべてサポートします。

1. SSP

SSP(Special Study Permit)は、フィリピンの語学学校で勉強するための就学許可証です。外国人がフィリピン国内で勉強するために必要なビザで、フィリピン留学において、SSP取得は必須となります。フィリピンの法律で取得が義務付けられているため、たとえ短期留学であっても、SSPの取得無しで授業を受けることは違法行為となります。SSPを申請していない違法学校に入学してしまうと、学生も罰則の対象となる可能性があります。個人で運営している小さい学校や留学代理店が取り扱っていない学校への入学は避けましょう。

SSP申請には「パスポートのコピー」「証明写真」「費用(約12,000円~15,000円)」が必要です。セブ島留学センターの提携校では、学校が申請書を作成し、申請をサポートします。一度の登録で、59日間(ACR I-Cardとの同時申請で6ヶ月間)有効ですが、学校を変更すると再登録が必要となります。

SSP申請書

2. ACR I-Card

ACR I-Card(外国人登録証)は、フィリピンに59日間以上滞在する場合に取得が義務付けられている登録証です。通常、2回目の滞在ビザ延長と同時に申請をおこないます。申請には「パスポート」「証明写真」「費用(約6,000円~9,000円)」が必要となります。SSPと同様、セブ島留学センターの提携校では、学校が申請書を作成し、申請をサポートします。

ACR I-Card情報

3. 滞在ビザの延長

フィリピン留学では、30日間まで観光ビザ(手続き不要)での滞在が許可されています。30日(4週間)以上留学する場合のみ、学校から滞在ビザの延長申請サポートをおこないます。一度、フィリピンを出国すると、それまでの延長は無効となり、再入国時には30日間の観光ビザに戻ります。費用については下記の表をご参照ください。

滞在期間 滞在延長ビザ費用
4週間以下 無料
5週間~8週間 3,140ペソ(約7,200円)
9週間~12週間 7,550ペソ(約17,370円)
13週間~16週間 9,990ペソ(約22,980円)
17週間~20週間 12,430ペソ(約28,590円)
21週間~24週間 14,870ペソ(約34,200円)

※1ペソ=2.3円で計算
※学校により別途、申請費用がかかることがあります。

4. ECC

ECC(Emigration Clearance Certificate)は、フィリピンに6ヶ月以上滞在する方が出国時に必要となるものです。フィリピン出国の前に、移民局に行き申請をおこないます。申請には「パスポートのコピー」「証明写真」「ACR I-Cardのコピー」「ビザ延長申請時の領収書」などが必要となります。6ヶ月目のビザ延長が完了していない場合、申請できないことがありますのでご注意ください。

ECC申請書
フィリピン留学を知るに戻る