留学出発までの英語勉強方法

留学英語の第一歩

フィリピン留学の目的や現在の英語力によって、英語の学習方法は異なりますが、留学する誰もが必要とする単元があります。それは、英語での自己紹介です。初めて授業に参加する際や現地で新しい友人と出会った時など、自己紹介を行わない留学はありません。留学準備の一歩目として、まずは自己紹介の英語に取り組んでみましょう。

自己紹介を考える時のポイントは、まずは日本語でシンプルな紹介文を考えてみることです。特に日本人は、自己紹介そのものが苦手と考えていることが多いので、まずは相手に、自分の何を知ってほしいのかを考えるなど、自分自身と向き合ってみることが大切です。その後、完成した日本語を英語に直して、何度も音読してみましょう。ポイントは必ず声に出して読むことと、長文ではなくシンプルな表現を使うことです。

留学出発までのリスニング英語学習

普段から英語にふれている機会が少ないという方は、とりあえず英語を聞く時間を増やすように心がけましょう。フィリピン留学での授業は全て英語で行われるので、リスニング能力が低いままだと、授業内容や解説を理解するまでに時間がかかってしまいます。事前にリスニング能力を少しでも高めておくと、英語授業に慣れるまでの時間(留学期間)を短縮できるため、より効率的なフィリピン留学を実現することができます。リスニングは、ニュースなどの難易度が高い教材ではなく、簡単な教材からスタートし、まずは英語の勉強を習慣化させることが大切です。

留学出発までの英単語

英語に耳が慣れてきても、単語を知らないと文章を理解するのは難しくなります。英語を母国語としている人々が知っている英単語の数はおおよそ30,000単語ですが、実際に会話で使用している単語数は10,000単語、さらに簡単な日常会話となると2,000~3,000単語と言われています。一般的に中学と高校で学ぶ単語数が3,000度~4,000単語程度なので、ほとんど人が日常生活に必要な英単語を、既に一度は学習していることになります。英語学習は基礎が一番肝心なので、まずは簡単な英単語を復習することから始めてみましょう。既に日頃から英語を勉強している方は、今取り組んでいる勉強を継続しましょう。

ライティング学習、オンライン英会話を活用

フィリピン留学はマンツーマン授業中心の留学スタイルということから、スピーキングなど、コミュニケーション英語の学習に有利と言われています。しかし、英会話でのやり取りや、文章をアウトプットしてきた経験が少ない日本人にとって、スピーキングは最も不慣れな分野です。英語試験のリーディングやリスニングが得意でも、英語を話せないという人も少なくありません。フィリピン留学のマンツーマン授業に慣れておくためにも、ライティング教材や英会話塾などを活用し、英語のアウトプット作業を行ってみましょう。最近では、オンライン英会話なども人気になっており、1ヶ月5,000円程度で英会話を学ぶことができます。

英語以外の便利な知識

留学は決して英語を勉強しにいくだけのものではありません。異国の文化にふれることで新たな発見をしたり、異なる価値観を持った人々から、多くの気付きを得ることができるのも留学の魅力です。フィリピン留学の授業では、自国の文化を紹介したり、互いの国で異なることをディスカッションする機会も多くあります。事前に日本の文化や歴史など、なにか得意な分野をつくっておくと、会話を弾ませるきっかけ作りになることもあります。

留学準備に関するQ&Aに戻る