軽い気持ちでセブ留学に。フィリピンのボランティアで感じたこと

プロフィール

お名前:
HIRAIWA SHIORI さん
留学時の年齢:
27歳
留学先:
フィリピン / セブ(セブ市内)
留学目的:
基礎英語の習得
滞在期間:
4週間(2018年5月〜6月)
学校:
CDU ESL
コース:
Intensive Speaking

英語話せたらかっこいいじゃん!私が留学を決意したのはそんな軽い気持ちからでした。

私の仕事は、お盆やお正月も働く代わりに、自分の好きな期間に休みを貰える仕事です。就職してから7年、休暇で海外へ行く機会も増えてきました。しかし海外に行くと、現地の人とコミュニケーションを取れないことを後悔します。もっと話せたら楽しいのに。まずは英語から!と思い、値段も手頃で、場所も近いフィリピン留学を決めました。

学校での生活は、日本人だけではなく韓国人、台湾人の生徒もいます。日本で生活していたら話すこともない英語で会話をするのは勇気も必要です。最初は大変でしたが、2週間を過ぎた頃「あれ?話してる事がわかるぞ?」「会話できてるぞ!」と感じる事が増えました。フィリピン留学はマンツーマン授業が多く、先生や友人と会話できるようになっていくことがとても嬉しかったです。

また留学中に外部のスタディツアーに参加したのが、一番の思い出です。私が参加したのはNPO法人セブンスピリットさんのツアーでした。午前中はピアトレスという場所にあるスラムエリアに案内して頂き、実際の現地生活を見ました。何も言葉が出ませんでした。知っているつもりになっていたのだと痛感しました。

トイレが家にある人よりも、スマホを所持している人の方が多いと言われるフィリピン。川や排水口にトイレをし、生活のゴミを全て川に捨て生活をしています。セブンスピリットさんは、そんなスラムの子供達が集まる児童館のような場所にありました。

その場所では、子供達が楽器を練習し、みんなで合奏していました。楽しさややりがいを見つけた子供達は、午前中にスラムエリアで見かけた子供達とは全く違ったのが印象的です。最後に日本語でハナミズキを歌ってくれて、自然と涙が出てきたことを覚えています。

この子達は自分の事を不幸だなんて思ってなくて、ただ純粋に楽しい事を楽しいと感じて笑っているんだなあと思いました。「自分に出来る事は何だろう?」と、改めて考える機会になった体験でした。


体験談 Q & A

留学の目的を教えてください。

海外旅行が好きだけど英語を話すのは苦手でした。英語が話せたらもっと現地の人とコミュニケーションが取れるのではないかと思い、留学を決意しました。

セブ留学を選んだきっかけ、理由とは?

マンツーマン授業が多いからです。英語レベルが初心者なので気兼ねなく質問や会話のできるマンツーマン授業が多い所が魅力でした。加えて比較的日本から近い場所にあり、最寄りの空港からも直行便があったので。物価も留学費用も安かったので金銭的な面も考えフィリピンを選びました。

多くの学校がある中、CDU ESLを選んだきっかけ、理由とは?

立地が良かったのが1番の理由です。学校から歩いて30秒の所にコンビニ、歩いて5分の所にはスーパーやマクドナルド、jollibee、コーヒーショップなどがありWi-Fiも繋がるためとても便利でした。

英語授業で心がけていたこと、勉強の秘訣は何ですか?

私が選んだコースはマンツーマン授業が多く、先生と私しか居ない空間なので少しでもわからない事があると、理解できるまで質問をする事を心がけました。先生も優しいので簡単な言い方に替えてくれたり、他の例文を出してくれたのでそれを理解した上で先へ進むようにしていました。
予習、復習は必ずしておいた方が良いと思います。授業の時間は限られているので、単語の意味を調べていて折角のマンツーマン授業が無言のまま過ぎてしまう時間はとても勿体無いと感じます。

週末や授業以外の時間はどのように過ごされましたか?

週末は友達と海へ行ったり、ローカルな場所へ買い物へ行ったりしました。外部のスタディツアーにも参加し、スラムエリアへの見学をして実際に体感して観光地のセブではない部分を見る事が出来たのも、とても勉強になりました。実際に体感する事で自分が出来る事は何だろう?と考えるキッカケにもなりました。
平日は友達と外へご飯を食べに行ったり、友達は毎日ショッピングモールでやっているズンバというエクササイズに参加し、運動をしている子も居ました。もちろん宿題も出るので宿題もしていました。

日本から持って行って良かったモノ、またあったら良かったモノは何ですか?

  • お味噌汁やふりかけ(日本の味が恋しくなった時に食べました)
  • ティーパック(フィリピンのお茶は基本とても甘いので、水筒に水を入れてほうじ茶を飲んでいました)
  • 電子辞書(オフラインで使える辞書もありますが、なかなか正しい訳が出てこない事もあるので持って行って良かったと思います。)

最後に一言お願いします!

フィリピン留学は楽しい!です!!

HIRAIWA SHIORIさんが通った学校

CDU ESL


フィリピン留学体験談に戻る