フィリピンのインターネット環境について

学校内のインターネット環境

フィリピンへ訪れる留学生にとって、インターネットは生活に欠かすことのできないものです。連絡手段としての利用はもとより、英語の勉強や情報収集においてもインターネットが活躍します。基本的にインターネット回線を引いている学校ほとんどなので、パソコンやスマートフォンを持参すれば、部屋内やカフェテリア等でインターネットを利用することができます。(一部、部屋内での利用を制限している学校もあり)ただし、施設内では同時に多くの生徒が利用することや、フィリピンのインフラが不安定なこともあり、接続速度は遅くなりがちです。サイズの大きいファイルやお気に入りの動画などは事前に日本でダウンロードしておきましょう。

学校外のインターネット環境

学校が都市部にある場合は、近くのファーストフード店やカフェ、ホテルなどでWi-Fiを利用できるので、学校内のインターネットが繋がりにくい時は、近くのお店に行ってもいいでしょう。一方、郊外の方ではインターネットの接続ポイントも限られてきます。そのような場合には、現地のショッピングモールなどで、持ち運び可能なインターネット端末を購入する方法もおすすめです。Smart(スマート)、Globe(グローブ)、Sun(サン)といったフィリピンの各通信会社が、LTEモデルや4Gモデルの個人用インターネット端末を販売しています。通常、月払いとプリペイドによる支払いがありますが、月払い契約は留学生には不向きなため、プリベイド形式を利用する方が多くなっています。3ヵ月を超える長期留学の方や仕事でインターネット環境が必要な方などによく利用されています。また、地域によってはインターネットカフェなどもあるので、困った時はそこを利用してみてもいいでしょう。

現地生活に関するQ&Aに戻る