留学中の住民票、住民税について

留学中の住民票

住民票とは、自分の居住関係を公証するもので、住んでいる市町村に届けられています。フィリピンへ留学する際は、住民票の登録を日本のままにしておくか、国外転出届けを提出し、日本から外すかのどちらかを選択します。フィリピン留学は1ヶ月~6ヶ月の短期留学が主流となっているため、欧米圏への留学と比較すると、国外転出届けを提出する人は少ないと言えます。しかし、他国も含め、留学、滞在期間が1年を超える場合には提出しておくことをオススメします。国外転出届けを提出することで、国民健康保険や国民年金の取り扱いが変わってきます。なお、国外転出届けは、住民票の届けのある管轄の区役所や市役所にて提出を行います。

留学中の住民税

住民税とは、住所地の都道府県と市区町村に納める2つの地方税を合計したもので、所得がある人に課せられる税金です。一般的に留学中は日本での所得がないため、これに対する請求はありません。しかし、住民税は前年の所得に対して課せられる税金のため、前年度に所得がある場合は、たとえ留学中であっても請求が来る可能性があります。住民税は6月から翌年の5月までの間に支払う必要があるので、留学期間が1年を超える場合には、家族や親戚に納付書を受け取ってもらい、支払いを代行してもらいましょう。

留学準備に関するQ&Aに戻る