新型コロナウィルス(COVID-19)によるセブ島留学への影響について

留学予定または検討中のお客様へ

この度は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、多大なご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません。

現在フィリピン政府によるビザ発行の一時制限や、フライトの欠航により留学日程の変更が相次いでおります。

留学を予定または検討している方につきましては、当ページ記載の休校情報をご確認いただけますと幸いに存じます。

フィリピンにおける新型コロナウィルス発生状況について

フィリピン・セブ島における新型コロナウィルス発生状況については、日々更新がありますため、以下の信頼できるサイトを中心に情報収集いただくことをおすすめしております。

感染者数の推移、拡大地域について

フィリピン内における感染者数の推移として、3月14日、15日を起点に感染者数が増加していることを確認できます。また拡大地域については、多くがマニラ首都圏(ルソン島)に集中していることも確認できます。(3月25日時点)

在フィリピン日本国大使館について

感染者数の増加が見られる、3月15日の週にフィリピン政府による様々な規制がかかりました。現在でも日々更新が続いておりますため、信頼性が高い「在フィリピン日本国大使館」にて最新情報をご確認いただくことをおすすめしております。

SNSやブログのまとめ情報については、誤った情報や更新が追いついていない場合がありますのでご注意ください。

各学校の休校状況(再開目安)

現時点では、多くの学校で「4月19日〜」の開校予定となっております。しかし現況を考慮しますと、早くても「5月中旬以降」、より安心なスケジュールという点では「6月7日以降」がおすすめと言えます。(3月25日時点での見解)

セブ島の語学学校

学校名 休校期間
3D Academy 5月30日まで(5月31日〜再開予定)
English Fella 5月9日まで(5月10日〜再開予定)
EV English Academy 5月2日まで(5月3日〜再開予定)
CIA 5月2日まで(5月3日〜再開予定)
CELLA 5月2日まで(5月3日〜再開予定)
IDEA 4月25日まで(4月26日〜再開予定)
Cebu Blue Ocean 4月24日まで(4月25日〜再開予定)
CPI 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
QQ English 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
SMEAG 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
CPILS 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
Howdy 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
Brilliant Cebu 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
Genius English 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
I.Breeze 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
Philinter 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
C2 Ubec 4月18日まで(再開日判断中)
TARGET 4月18日まで(再開日判断中)
STAR GATE 4月18日まで(再開日判断中)
MeRISE Academy 3月28日まで(再開日判断中)

バギオの語学学校

学校名 休校期間
PINES 4月24日まで(4月25日〜再開予定)
WALES 4月18日まで(4月19日〜再開予定)
BECI 4月18日まで(再開日判断中)
Baguio JIC 3月28日まで(再開日判断中)
TALK Academy 3月28日まで(再開日判断中)
MONOL 休校なし

再開予定となっている場合も、今後の状況次第で大きく変わる可能性があります。余裕を持った留学スケジュールをおすすめいたします。

夏留学の空室状況につきまして

3月、4月におけるコロナウィルスの影響とは対照的に、7月以降の一部の人気校では、空室が少ない状態となっております。

7〜9月の夏には休校が解除される可能性が高いという判断する方が多いため、キャンセルがほとんど出ていない状況です。

夏留学のご検討の方につきましては、弊社の「特別オファー」をご参照いただき、早めのご検討をいただけますと幸いに存じます。

5月以降の3ヶ月留学の方につきまして

5月、6月以降の「2〜3ヶ月留学」の方につきましても、夏のピークシーズンと留学時期が重なるため、空室確保が難しくなってしまう可能性があります。

6月以降の留学をご検討のお客様につきましても、早めのご検討をおすすめさせていただきます。

セブ島留学センターの経営状態について

数多くいらっしゃるお客様の中には、弊社の経営状態についてご不安に思う方も少ないと考えております。

セブ島留学センターでは創業時から、お客様の留学費用と弊社経費を、銀行口座ごとに分けて管理することに努め、お客様の留学費用と経費を混合させることはありません。

また以下は「2018年8月〜2020年1月」の18ヶ月間におけるお客様の利用者数となります。18ヶ月で3倍以上の増加率となっております。

フィリピン留学の講師たち

約3倍の利用者数に対して、弊社の営業スタッフ増加数は「3名のみ」、大きな出費がかさむオフィスの大型移転も控えてまいりました。オフィス家賃は弊社の月売上げに対して「2〜5%以下」の水準となります。

またシステム構築に大きく投資することで、効率性や確実性の向上を重視し、約1,500名(過去12ヶ月)の利用者様に対して、営業スタッフは「5名」のみ、人件費をはるかに上回る高い利益率を実現してまいりました。

セブ島留学センターは2012年8月から事業がスタートし、現在「9期目」となりますが、これまで銀行等からの借入れは一度もなく「無借金経営」となります。

2020年4月以降〜コロナウィルスが終息するまで、一時的に単月赤字が発生する可能性も否定はできません。(単月赤字は創業から初となります。)しかしながら、今回の新型コロナウィルスの影響においては、社内の内部留保だけで十分に経営を存続できる見込みであり、今後の借入れ予定も一切ありません。

セブ島留学センターの「特別オファー」

セブ島留学センターでは、より安心できる留学サービスを提供するため以下の「特別対応」に努めております。

「100%」返金サービス

学校の休校により留学を断念せざるを得なくなったお客様につきましては、特別規定の適用とさせていただき、出発前キャンセルで留学費用の「100%」のご返金をお約束させていただいております。

日程変更の無料サービス

学校の休校により留学日程を変更せざるを得なくなったお客様につきましては、休校が継続する限り、何度でも日程変更を無料で承っております。

大型の早割キャンペーン

7月以降の夏留学のご検討のお客様につきましては、早割キャンペーンを適用させていただき、これまでよりもお得な割引特典をプレゼントさせていただきます。

また2ヶ月留学を超える留学期間をご検討の方は、さらにお得な特典をご準備しております。(注:学校によって条件が異なります)詳しくはお問い合わせください。

学校への直接相談よりも「代理店」への相談の方がリスクが低い

今回のコロナショックを受け、一部の学校は閉校してしまう可能性も否定できません。語学学校は「大きな建物」を必要とする都合上、運営の固定費が大きい点が特徴です。

直接相談された学校の経営状態が芳しくない場合、学校側から正しい経営状態について解答を得ることは難しいと言えます。弊社ではそこを見極めるため、日頃から業界の最新情報を収集し、より安全水準が高い学校のみを紹介することに努めております。

航空券の取得タイミングにつきまして

留学時期がまだ先のお客様につきましては、航空券の取得を急ぐ必要はありません。各学校とも、休校の再開目安がしっかりついた段階での航空券取得をおすすめさせていただきます。

オンライン留学のご提案

フィリピン留学の講師たち

新型コロナウィルスの影響がご不安な方やスケジュールの調整が難しい方向けに「オンライン留学」をご提案させていただいております。

オンライン留学とは日本にいながら、留学と同じレッスン数をオンラインで受講できるものとなります。現地滞在はできませんが、その分の学費も安く、短期集中で英語漬け環境を作りたい方におすすめです。