留学中の部屋タイプの変更について

部屋タイプの途中変更

フィリピン留学が始まった後でも、空室があるという条件で、部屋タイプの変更が可能です。変更の理由には、複数人部屋に入寮しているルームメイトと合わないという事例や、一人部屋から複数人部屋に移動し、友人との交友関係を深めたいという事例があります。

部屋タイプの変更方法と費用

フィリピン留学中の部屋タイプ変更は、現地の学校スタッフに要望を出すことで変更が可能です。
通常、複数人部屋から一人部屋に移ると、部屋代が高くなるため、追加費用が発生します。その際の費用の支払いは日本口座への振込となるので、フィリピンの銀行やネットバンクから送金を行うか、家族や親戚に振込手続きを代行してもらいましょう。また、逆に一人部屋から複数人部屋に移る際は、学校から、部屋代の差額が返金される場合があります。各学校により規定が異なるため、詳しくはセブ島留学センターまでお問い合わせ下さい。

ワンポイント

春休みシーズン(2月~3月)や夏休みシーズン(8月~9月)は、空き部屋がなくなることもあるので、このシーズンに移動を希望する場合は、早めに変更手続きを行っておきましょう。また、ほとんどの学校では、一人部屋の数の方が少なくなっています。複数人部屋から一人部屋に移動したい場合は、さらに早めに希望を出しておくことをお勧めします。

学校一般に関するQ&Aに戻る