セミスパルタ校はどのような学校?3週間のセブ短期留学

プロフィール

お名前:
TAKASHIMA さん
留学時の年齢:
27歳
留学先:
フィリピン / セブ(セブ市内)
留学目的:
スピーキングの向上
滞在期間:
3週間(2018年3月〜4月)
学校:
CIA
コース:
パワーインテンシブ

私は塾の講師をしていますが、英語で子どもに授業をしたいと思い、セブに留学を決めました。私の通った語学学校は韓国資本のセミスパルタ式の学校で朝から単語テストがあり、ある程度点数をとらないと外出禁止などの罰則が与えられます。しかし、難しいテストではないので、予習すれば十分クリアできます。

私の場合、とにかく話すことに特化したかったので、6コマあるマンツーマンでもリーディングやライティングの時間も先生と話し合って、スピーキングの時間を多くとるようにしました。初めは、文法も無視して言いたいこと、思った単語を並べているだけでしたが、1週間もすると慣れてきて、伝えたいことは分かってもらえるようになりました。

語学学校に来ている韓国人や台湾人、ベトナム人などもいますが、どの国の人も一生懸命英語を使って伝え合うような感じです。他の留学生と話しても、みなそこそこのレベルなので、私はなるべく現地の先生と話す機会を多く持つように心掛けました。

フィリピン人は優しくフレンドリーな一方で、日本人からするとルーズな国民性があります。日本同様、フィリピンの英語も第二言語ですので、先生による当たり外れもあります。その場合は、1週間毎に先生を変更することも可能なので、安心です。それぞれの先生が毎日個別でみてくださるので、自分はこんなことがしたい、こんな風になりたい、と先生伝えることができることが一番の上達の近道だと感じました。


体験談 Q & A

留学の目的を教えてください。

スピーキング力の向上のため

セブ留学を選んだきっかけ、理由とは?

まず、留学費用が安いということ。現地の物価も安く、休日も遊びに行かず勉強に専念すれば、ほとんど留学費用のみで生活できます。もうひとつは、マンツーマンレッスンが充実していること。リーディング、ライティング、リスニングは日本でもトレーニングできるけど、スピーキングはなかなか難しいので。

多くの学校がある中、CIA(シーアイエー)を選んだきっかけ、理由とは?

現地で英語を話してすごしたいと思い、日本人の割合が少ないと聞いて、決断しました。あと、学校の料理も比較的美味しいことや学校のアクティビティがあることも決め手になりました。

英語授業で心がけていたこと、勉強の秘訣は何ですか?

たくさん失敗をするということです。日本人はどうしてもきちんと話そうとするので、なかなか言葉がうまく出てきません。間違えてもたくさん話すうちに上手くなるだろうというくらいの気持ちで臨みました。

週末や授業以外の時間はどのように過ごされましたか?

放課後は、はじめの方はアクティビティに参加したり、ジムで身体を動かしたりしていました。慣れてくると友人と中庭で話すようになりました。週末は、とにかく観光を楽しみました。

日本から持って行って良かったモノ、またあったら良かったモノは何ですか?

  • SIMロック解除したスマホ
  • 気休めの胃薬
  • 電子辞書

最後に一言お願いします!

日本に帰ってくると、フィリピンの時間が夢だったかのように英語を忘れてしまいます。ですので、時間とお金に余裕があればフィリピンの語学留学後に、もう1カ国くらい行ってみる事をオススメします。

TAKASHIMA KOSUKEさんが通った学校

CIA(シーアイエー)


フィリピン留学体験談に戻る