初めての環境に驚き。正直でありのままの体験談

プロフィール

お名前:
KODAMA HINANO さん
留学時の年齢:
22歳
留学先:
フィリピン / セブ(セブ市内)
留学目的:
英語力の向上
滞在期間:
4週間(2018年6月)
学校:
CIA
コース:
パワーインテンシブ

帰ってきて、今思うことは、本当に留学に行って良かったということです。

フィリピンに着いた時、学校の食事を取った時、部屋での生活を始めた時、正直1ヶ月どころか、1週間ももたないと思いました。日本とかけ離れた街並み、食事、水道全てに驚きを隠せませんでした。しかし、その大変さを同じ学校の日本人と分かり合い、お互い話しているうちに、大変なこと全てが話の種になり、日々の笑いとなっていました。

また普段の生活では、仲良くなった韓国人や台湾人と過ごすことが多く、ここでしか味わえない毎日が楽しくて仕方ありませんでした。その時間のおかげで、授業だけでなく常に英語を話す環境に自分を置くことができ、英語力の向上を身にしみて感じることができました。実際に入学時と卒業時では、テスト結果がまるで変わっていたので嬉しかったです。

フィリピン留学は、大変なことも多いです。部屋の中で虫が発生する、食事に飽きる、水道水は飲めない、トイレットペーパーがないなど、挙げたらキリがないほどです。ただ、日本で味わえない体験をできる場所だと思います。ここに来て「何も得ずに帰ることはない」と言い切れる程です。

仲間ができ、大好きな先生たちができ、気づいたらこの生活に適応している自分がいて、全てが財産となりました。これから行かれる皆さん、素晴らしい日々を過ごしてください。

※当レビューは、ユーザーの方が留学された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。


体験談 Q & A

留学の目的を教えてください。

英語力向上

セブ留学を選んだきっかけ、理由とは?

欧米に比べて、価格が安かったこと、そしてマンツーマンの授業が多いため、より集中して勉強できるのではないかと考えたからです。

多くの学校がある中、CIA(シーアイエー)を選んだきっかけ、理由とは?

セミスパルタ制度だからです。門限やEnglish only policyなどのルールが多くあるため真面目な学生が多いのではないかと思いました。また、毎朝単語テストがあるということに1番魅力を感じました。

英語授業で心がけていたこと、勉強の秘訣は何ですか?

自分の希望(どのようなことを学びたいか)を進んで伝えるようにしました。簡単すぎてしまう時は、教科書のレベルを上げてもらったり、教科書を極力使わない授業をお願いしていました。

週末や授業以外の時間はどのように過ごされましたか?

基本的には自分の部屋か自習室で勉強するようにはしていました。しかし、他の国の友達と近くのモールに行ったり、学校でひたすら話したり英語を使いつつも楽しい時間を過ごしました。

日本から持って行って良かったモノ、またあったら良かったモノは何ですか?

  • アルコールスプレー(毎日、あらゆる場面で役立ちました)
  • 水筒(セブは暑いため、冷たい水を保てたのはありがたかったです)
  • ふりかけ(慣れるまでおかずが食べられずとても助かりました)

最後に一言お願いします!

行って損はありません!

KODAMA HINANOさんが通った学校

CIA(シーアイエー)


フィリピン留学体験談に戻る