私がセブ島留学で学んだこと、気付いたこと

プロフィール

お名前:
中原田彩那 さん
留学時の年齢:
17歳
留学先:
フィリピン / セブ(マクタン島)
留学目的:
基礎英語
滞在期間:
3週間(2016年8月〜9月)
学校:
Cebu Blue Ocean
コース:
General English

今すぐにでも、セブにもう一度行きたいです。あの生活が恋しくて、毎日流れていた音楽を聴いています。

私は今回が初めての海外で、しかも初めての一人旅でした。留学期間の三週間のうち、初めの一週間は、お腹の調子が悪いし、現地の住民には絡まれるし、早く日本に帰りたかったです。でも、一週間が過ぎると少し生活にも慣れてきて、仲間といろんなモールに行ったり、アイランドホッピングをしたりと、とても楽しい生活に変わりました。

授業は本当にいい先生ばかりで、英語をうまく発音できなくても、いつも笑って「It’s okay. You can do it!」と励ましてくれました。グループレッスンは仲間と話せて、マンツーマンとは違う楽しさがありました。

最終日は仲良くなった先生と話すのが、とてもさみしくて涙が止まりませんでした。出会えた仲間、先生、家族、その他の応援してくれたみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

また日常会話はある程度、不自由なくできるようになり、このような初経験を乗り越えられた自分自身も誇らしく感じています。

最初は不安で仕方なかった自分が、最後はここまでなったことを考えてみると、英語は間違っていても、伝えたい思いがあれば、伝わるということを実感しています。だから、とにかく恥ずかしくても、英語を話してみるという姿勢が大切だと気づきました。

帰国後も継続して英語を勉強していますが、これからも話すことを恥じることなく、学んでいこうと思っています。


体験談 Q & A

留学の目的を教えてください。

英語のモチベーションをあげるため。

欧米留学ではなく、フィリピン留学を選んだきっかけ、理由とは?

夏休みの限られた期間で行くことができたため。また費用が安く学生でも負担が少なかったから。あと英語のハードルが欧米の留学先に比べると低いと感じたため。

多くの学校がある中、Cebu Blue Oceanを選んだきっかけ、理由とは?

新しい校舎で人気もあり、海の近くだったから。また食事も日本人に合う料理で、洗濯などの生活サービスもあったから。

英語授業で心がけていたこと、勉強の秘訣は何ですか?

すぐに諦めず、どうにかして自分の言いたいことを伝えること。予習をしないと理解が難しい授業は、事前に必ず単語などの予習をしていた。

週末や授業以外の時間はどのように過ごされましたか?

仲間と一緒にショッピングモールで買い物をしたり、アイランドホッピングをしたりして遊んでいた。また学校の敷地内のプールにもよく行った。

日本から持って行って良かったモノ、またあったら良かったモノは何ですか?

  • 日本のお土産
  • 虫よけスプレー
  • 英語を録音できる機械
  • 便箋
  • ビーチサンダル、水着

最後に一言お願いします!

支えてくれた皆さん、ありがとうございました!


フィリピン留学体験談に戻る